« Backstage of New Graphic & Infomercial (2) |  BLOGトップページ

エコガラス in「北海道洞爺湖サミット記念 環境総合展2008」

 6月19日(木)~21日(土)の3日間にわたり、札幌ドームで開催された「北海道洞爺湖サミット記念 環境総合展2008」で、札幌商工会議所様が住宅窓の省エネ改修の必要性を訴えるために、「エコっ手・エコボール展示ユニット」を活用してくださいました。

080623_1.JPG


 事務局が訪ねた展示会最終日は土曜日ということもあるのでしょう、会場には朝からたくさんの入場者が訪れていました。展示会には最初の2日間で約5万人が訪れたとのことですが、最終日はその勢いを上回ることでしょう。

080623_2.JPG


 札幌商工会議所のご担当の方にご挨拶し、エコっ手・エコボールは問題なく作動しているかを確認し、いつも通りの状況で一安心。6月9日(月)に板硝子協会が発行したばかりの、省エネ改修(リフォーム)促進税制のガイド「はじめての省エネリフォーム」も、「とてもわかりやすいので、是非会場で配布をしたい。」とおっしゃってくださり、ユニットと合わせてご提供させていただきました。

080623_3.JPG


 エコガラス キャンデーをつけたパンフレットを配るコンパニオンの方たちも、笑顔で元気に展示ブースの案内をしていました。

080623_4.JPG


 しばらくブース内にいて来場者のお相手をお手伝いしていると、札幌商工会議所会頭の高向 巖 北洋銀行会長が会場視察に訪れました。そこで、「板硝子協会です。この度はエコガラスの展示機材をご活用いただき有難うございます。」とご挨拶をし、エコガラスの機能についてもご説明をさせていただきました。

080623_5.JPG
080623_6.JPG


 昼過ぎには会場を後にしましたが、表に出てみると来場者の数は増すばかりの様子。帰りがけに改めて札幌ドームの敷地周辺を歩いてみてみると、緑地が公園のように整備され花がたくさん咲いていました。

080623_7.JPG



 

Copyright (C) 2006 板硝子協会 All Rights Reserved.

経済の基礎知識