« おお、暑い! |  BLOGトップページ  | クライマーズ・ハイ »

ビルダーズ&リモデラーズ ショー

7/23、24の2日間、東京ビッグサイトで開催のビルダーズ&リモデラーズ ショー2008に「ガラスの森」展示車を出展してきました。この展示会は「日本のNAHB」を目指す、というリフォーム産業新聞社の主催でセミナーを充実していると強調しています。

080725_1.jpg
立ち見も出たタマホーム・玉木社長のセミナー


「NAHB」とは全米ホームビルダーズ協会の略で年一回アメリカの南部の都市で開かれます。アメリカでは国土が広いので、ハウスメーカーも建材流通も日本とは違っていて、○○ハウスなど全国で有名な大手ハウスメーカーなどはありません。ガラスやグラスウールなど一部の工業製品が全国で流通しているに過ぎません。ではなぜこんな全国展示会が開かれるのでしょうか。

それは、情報交換の場でもあるからです。会期中多くのセミナーが開かれ、近くの現場見学会など盛りだくさんなイベントで西はカリフォルニアや東のボストンから来たビルダーさん達が交流していました。私が言った時の開催地はヒューストンでしたが、家族のためにはNASAなど観光スポットも配慮されています。

建材が全国流通しているのは日本特有の状況です。窓でも屋根のシングルやスレート瓦にしてもその地域のものです。昔日本でもそうだったように瓦にしても、その土地の土で作った瓦があり、その地域の屋根の美しさが際立っていましたが、今はどこでも同じ建材です。ヨーロッパの街並みが美しいのはその土地の土の色で作られた瓦とか壁が作り出しているといっても過言ではないと思います。日本でも三州瓦で代表される三河地方など特色のある色の瓦が少なくなっているのは残念なことです。

080725_2.jpg


おっと道がそれましたが、入場者数はちょっと期待はずれで一日5,500人くらいでしたが、プロ向けと銘打っているため質問が結構多く長く私たちのブースに留まって頂きました。「『エコガラス』って何だ!Low-E複層ガラスのことです。そうかそういってくれればわかるよ。」と、逆転?現象もプロの方ならではですが、「エコガラス」の名前をもっと知っていただかないと、と苦笑してしまいました。各社の説明員の方、ご苦労様でした。

080725_3.jpg
説明員の方、ご苦労様でした



 

Copyright (C) 2006 板硝子協会 All Rights Reserved.

経済の基礎知識