« 家のこと(1) |  BLOGトップページ  | どうして こうなる »

夏休み霞が関ロビー展

各官庁が夏休みを利用して、子供たちにお役所の仕事を知ってもらおうという催しに板硝子協会も協力している。20日から始まった経済産業省の「霞が関ロビー展」にエコボール・ジオラマBOXのエコガラス体験器が大活躍している。

080821_1.jpg


この暑いのに、とオリンピックばかり見ているお父さん、子供の環境意識に置いてきぼりを食らいますよ。

普段は官庁街に見られない親子連れが小学生の皆さんが続々やってきます。お父さんやお母さんもガラスの遮熱性能や断熱性能の違いを理解しようと自ら手を近付けたり、触ったりしています。

080821_2.jpg


もう一つの呼び物は、破壊試験機です。これは普段割ることのできないガラスの違いを実際に叩いて割ってみることのできる試験機です。普通の1枚の板ガラスと網入りガラス、そして防犯用の合わせガラスの3つをたたき割るなんて、夏休みでもココだけです。

080821_3.jpg


やはり皆さんの声を聞いてみると、「網入りガラスは防犯に役に立たないとは知りませんでした。」という声が多く、「防犯でエコなガラスありますか?」なんて欲張りな、いえいえ素晴らしい質問も飛び出したり、みなさん熱心にそして家族で楽しそうに体験されていました。

この日ばかりは、陳情や打ち合わせの人々であふれている経済産業省のロビーが違って見えました。



 

Copyright (C) 2006 板硝子協会 All Rights Reserved.

経済の基礎知識