« 2009年04月 | << BLOGトップページ | 2009年06月 »

2009年05月25日

ロハス展

最終日の24日の日曜日はあいにくの雨になりましたが、21日から始まった「ロハスデザイン大賞2009新宿御苑展」は新緑の広大な緑の中で開催されていて、まさに環境の大切さを教えてくれる展示会でした。

090525_1.JPG


ロハスという言葉については、いまさら解説するまでもありませんが、えーと何だっけ。Lifestyles Of Health And Sustainabilityの略でヨーロッパやアメリカで生まれた造語で地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共栄共存できる持続可能なライフスタイルと、それを望む人たちの総称です。うーん。
その趣旨に賛同した「ヒト(推進者)」、「モノ(製品)」、「コト(事業)」の各ジャンルについて環境にやさしいデザインをみんなの投票で選ぼうというのが今回で4回目のデザイン大賞です。私も投票してきました。

090525_2.JPG


新宿御苑の中に入ったのは久し振りでした(入園料200円なり)。さすが気持ちいいですね。大きな木々が生い茂る木陰の道を歩いてゆくと芝生の大きな広場に会場が設営され、朝の開始はスタッフの方みんなでのヨガ体操から始まっていました。CO2削減をイメージした160mのビー玉ころがしが最初に目につきます。

090525_3.JPG


今回は主催者の雑誌「ソトコト」の編集部からりお話でエコガラスの展示ユニットを出展しました。性能の違いが大変わかりやすいと好評でした。

090525_4.JPG

090525_5.JPG


隣には自転車こぎ型の発電バイクがおいてあり、扇風機が回る仕組みです。再来週6月11、12日はここからも近い代々木公園でエコライフフェアが開かれ、新装なった「ガラスの森」体感車が出動します。6月の環境月間の始まりで、エコガラスチームも忙しくなります。




2009年05月20日

新・エコノミックアニマル


ある晩、夕食後に夫がふとつぶやきました。「なんだか疲れが取れないな。しっかり眠っているはずなのに」。深刻化する不況の折、仕事が忙しいのはありがたいことですが、やはり体が資本。内側から元気になってもらおうと、翌日はわが家の定番“癒しメニュー”、『野菜のごった煮』をつくることに。

冷蔵庫にある野菜という野菜を鍋に入れ、煮込むだけの簡単料理ですが、これがなかなか疲労回復に効くのです。かつおだし風味、みそ味、コンソメ味と味付けも選びません。今回はあっさりだし風味。野菜をたっぷり食べて少しホッとできたのか、テレビを見ながら会話がはずみました。

「疲れが取れない」といえば、この大型連休中、高速道路の渋滞に巻き込まれてしまったお父さんたちも同じではないでしょうか。利用料金の引き下げで交通費が安く済んだ一方、思わぬ“長時間労働”を強いられてしまい、悲喜こもごもの休暇だった人がきっと多いのでは・・・。

ところで、生活対策として打ち出された今回の料金引き下げには、エコの観点から少し違和感を覚えました。たしか1年前の今頃は、北海道洞爺湖サミットを控えて、温暖化防止や省エネ対策の促進が声高に叫ばれていましたね。家庭ですぐにできることとして、自転車や公共交通機関の利用も見直されていた時期だったと思います。

ここまでのところ、高速道路料金の引き下げは、温室効果ガスの削減には負の効果を生んでいるような気がします。しかし、“支援”として与えられるやいなや、エコはそっちのけで飛びついてしまいました。結局、自分自身にゆとりがないと他者には優しくなれないのかもしれない。そう気付かされ、なんだか情けない気持ちになったのです。

誰にでも守らなければならない生活があり、そのために経済が重視されるのは、ごく自然なことです。しかし、こうした対策をミーハー的に歓迎ばかりしている姿は、他の動物の目にはいわば“エコノミックアニマル”に映るのでは・・・。

高度経済成長期からバブル期にかけての日本人の経済活動を皮肉ったとされるこの言葉。今、意味を少し変えて、わたしたち人間全体の本質を問い正している気がします。「そんなに打算的、利己的で後悔しないの?」と。

090518.jpg



2009年05月11日

畑、始動

皆さんはゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか。1000円高速ツアー&渋滞でしたか。私は毎年恒例のように、ゴールデンウィークの前から土作り、休みに入ると自家菜園の植え付けを始めます。野菜の苗などの販売もこの時期がピークとばかり店頭にずらりと並び、野菜作りのシーズンスタートといったところです。

20090511_1.JPG


苗としてはいつも普通の野菜ばかりで代わり映えしませんが、なかなか年によって出来不出来があって思うように行かないもので、とりあえずいつものメニューで今年も挑戦です。きゅうり、なす、ピーマン、トマト、ミニトマトそれに今年は「ズッキーニ」を加えました。

20090511_2.JPG


また、苗の販売している横に「なんとか金時」、「農林○○号」とかサツマイモの苗もいろいろありました。これも購入して植えました。サツマイモは植える場所をよく考えないとごちゃごちゃにつるが這い回って、大変なことになってしまいます。

20090511_3.JPG


また、種からも苗を用意しようと「ゴーヤ」を育てています。これは、この地域で「緑のカーテンづくり」事業として、市民に呼びかけがあり応募したところ「ゴーヤ」の種が送られてきて、詳しくその育て方や日射しを防ぐ効果などか書いてありました。早速、種から苗を育てていくことにしました。また、その過程をリポートすることも出来るようです。

20090511_4.JPG
ブラックベリーの花


うちでは毎年「のうぜんかずら」や「ブラックベリー」などのつる性の植物をネットに絡ませて日よけを作っています。今年も良く育ってきましたが、これにゴーヤが加わればかなりの日射遮閉効果があり、省エネになりそうです。

20090511_5.JPG


皆さんも作物も取れて一石二鳥の緑のカーテン作りをしてみてはいかがでしょうか。



 

Copyright (C) 2006 板硝子協会 All Rights Reserved.

経済の基礎知識