リフォームでエコ 新築でエコ-デザイン性。機能性。快適性-。住まいに何を望むかは人それぞれ。ですが、皆に共通した思いがあります。それは、家族が笑顔で暮らせること。そのためのお手伝いをエコガラスで。みなさんの快適な暮らしをサポートします。

ようこそ我が家へ-開口部にこだわった新築レポート-

良き風景を濾過して取り込む大開口 東京都U邸
メイン

U邸DATA

夫婦+子ども2人
木造地上2階建て
敷地面積 73.81㎡
建築面積 43.20㎡

今月の家を手がけた建築家:
関本竜太(リオタデザイン)

取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

幹線道路沿い、たて込んだ周辺環境、狭い土地…に家を建てる

褐色の壁に大きな窓が穿たれ、映った空に白い雲が流れます。敷地面積22坪、建築面積13坪の「都心の狭小住宅」その内側には、小宇宙が広がっていました。

「納得できるライフスタイルの追求には、家を建てるしかないと思いました」デザイン関連の仕事に携わり、8年間の賃貸住宅暮らしを続けてきたUさんご夫妻が動き出したのは2009年3月のことです。


外観

設計を依頼されたのは、以前から書籍や雑誌でその考え方に共感していたという関本竜太さん。
最初に敷地を見たときは「幹線道路沿いで広さにも余裕がない。周囲の環境との関係性をどうするか、少し難しいなと思いました」

しかし、中高層住居専用地域で建物を高くできることから「結果的には大当たりの土地!(関本さん)」に。2010年10月に竣工を迎えます。

シンプルな箱に四角い窓のU邸外観。敷地が第一種中高層住居専用地域にかかっていたことが、設計のブレイクポイントとなった。


住まい手はデザインのプロ。望みは「シンプルなお店に住みたい」

「家に住むのでなく、お店に住みたかったんですよ」
にこやかに、でも真顔でこう話すのは、迎えてくれたUさん(妻) です。ディスプレイ会社、イタリアンレストラン、家具店の企画部門と衣食住のデザイン現場を渡り歩き、現在育児休業中のプロフェッショナルは「ただの四角い箱、それでいて意味のある構成と無駄のない空間がほしかった」と続けました。

イメージを受けて設計されたのは、仕切りのかわりに微妙な高低差やフレームで変化をつけた大空間。「後でつけたしができる止まり木のようなものだけ挿入した、非常にプリミティブな住まいです(関本さん)」

実はここにひとつのキーワードがあります。それは「北欧のシンプルさ」。
簡素な素材やモノに囲まれて暮らしたい住まい手と、留学と現地設計事務所勤務とで経験したフィンランドの生活のあり方をベースに置く設計者を、この共通項が結びつけていたのです。
モノや素材のありのままを尊重する志向は、ローコスト住宅というU邸の大前提にもフィットし、あちこちに魅力的な姿を表すこととなりました。

止まり木

白壁とホワイトウッドの集成材を基本に構成された室内。止まり木のような横架材の上部は将来はロフトとして拡張できる。天井には2×8材をそのまま使用。


大きな窓をフィルターに、光とお気に入りの風景だけを取り込む

そんなU邸の開口部は「窓に始まり窓で終わった家づくり」と住まい手が振り返る、重要な設計ポイントです。

周囲を住宅や大きな道路に囲まれ、眺めたい風景もとくに見当たらない一方、外部の視線が気になりやすいロケーションで、住まい手が希望したのは「ある程度閉じてのびのびとできる空間(夫)」「昼間はカーテンを引かずにどこもかしこも開けていられる家(妻)」。

そこで関本さんが提案したのが、気に入った風景だけを「漉し取る」窓でした。
「周辺環境を考えてむやみに開かず、メリハリを利かせて開口を抜こうと考えました。ポイントは南の大窓と、住宅を貫く2本の軸線です」

メイン空間である2階リビングダイニングの南と西に、それぞれ大開口を配置。東西と南北、2本の軸線の端部に位置する2つの窓はU邸開口計画のカナメです。
一方は1650mm角、もう一方は2395mm×1195mmのスケールながら雑然とした風景は目に入らず、見えるのはほぼ青空だけです。外部の視線も気になりません。それを補完するように、大小の窓がちりばめられています。

ダンス

リビングに続く階段を上って対面する南の大窓は高さ4m。自然光がほぼ一日中降り注ぐ。漉し取られる風景は青空や鳥、借景の樹々、そして月明かり。


Uさん一番のお気に入りというこの家の明るさは、四面を生かす開口計画のたまもの。「どこを見ても視線が抜ける窓がある。住み始めてその心地よさがよくわかりました」

(左)高低差やフレームで変化をつけたリビング空間。西の大窓ごしの光の下、ラグ敷きのプレイコーナーで子どもたちが遊ぶ。(右)東南向きの明るいバスルームは「夫のお気に入り。日曜日は必ず朝から入っています」

庭から
リビング窓


ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • エコ住宅新築でエコポイント

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.
経済の基礎知識