リフォームでエコ新築でエコ-デザイン性。機能性。快適性-。住まいに何を望むかは人それぞれ。ですが、皆に共通した思いがあります。それは、家族が笑顔で暮らせること。そのためのお手伝いをエコガラスで。みなさんの快適な暮らしをサポートします。

ようこそ我が家へ-開口部にこだわった新築レポート-

こだわりの家 長野県N邸(2008年06月)

窓は、単なる家のパーツではありません。光の取り込み、風の通り道、断熱・防音、眺望、インテリアetc……と、 生活を快適に保つさまざまな役目をあわせもっています。そう、開口部にこだわるということは、生活にこだわるということ。 そんな生活にこだわるご家族のお住まいを拝見しました。

今回は、「ようこそ、我が家へ」初の建築家のご家族が登場します!

こだわりの家 長野県N邸 すべては“完成されたくつろぎ“のために。 計算しつくされた週末住宅

森の中の瀟洒な片屋根が目印

JR軽井沢駅を出てにぎやかな通りから遠ざかるように、中軽井沢方面にゆっくり歩いて約十数分。通りから少し入ると、背の高い木々のうしろにしっとりとした趣のある洋風の片屋根の建物が見えます。2006年末に週末住宅として建てられたN様のお宅です。

軽井沢の限りなく広い空が広がる

▲軽井沢の限りなく広い空が広がる



床は全部スマトラカリンの無垢材

▲床は全部スマトラカリンの無垢材

シックな木のドアから一歩足を踏み入れると、広々とした吹き抜けのリビングを中心としたゆったりした空間が広がります。

約50坪の家の中は、薪ストーブ、ベッドやテーブル以外にこまごまとした家具もなく、生活の匂いはほとんどしません。白い壁とスマトラカリンの濃い茶色の床とのコントラストがすっきりとした印象です。

N様は、平日は東京で過ごし、月に2回ほど週末にここにいらっしゃるほか、夏休みや冬休みなどの長いお休みもここで過ごされています。

「平日が忙しい程、週末はのんびりとしたいんです」とN様。滞在中はあえて人が集まる場所には行かず、ここを起点にゴルフやテニス、そして音楽や映像を楽しんでいるそうです。お友だちやご親戚、取引先の方を招くことも多いそうですが、みなさん、そんな静かな過ごし方に満足されているとか。



窓から見えるのは セレクトされたとびきりの風景

この家を建てるにあたって、吹き抜けにこだわったとN様。

「明るく、高さのある広がりがほしかったんです」

要望はそのまま生かされ、リビングの南面の吹き抜け部分の大きな窓からの光が、家全体にゆきわたっています。

そのほか、トップライト2ヵ所をはじめ、日のあたらない場所がないほど随所に窓があります。

やわらかな光が差し込むリビング

▲やわらかな光が差し込むリビング



林をのぞみながらジャグジー!

▲林をのぞみながらジャグジー!

N邸の窓の役割は光や明るさをとりこむだけではありません。シンプルで機能的な屋内と、自然あふれる軽井沢の屋外の空間をつないでいるのがこれら大小さまざまの窓です。吹き抜けの窓からは家の前ののびやかな木の幹が、ダイニングの西には緑美しい林が、というようにそれぞれの窓から違った景色が見えます。それぞれが奥行きのある風景で、見飽きることがありません。それだけでなく、屋内にいながら自然の中にいるような錯覚さえ起こります。切り取られた一枚絵のような窓からの眺めは、夜になると、美しい星空が楽しめます。

このような窓からの眺めは、偶然ではありません。どの窓も位置だけでなく、高さや角度も計算してつくられたものです。

「建築家の河辺先生は何度もここに通って窓からの景色を選んでいましたよ」とN様。じつはこの場所は軽井沢でも住宅が比較的多いエリア、無造作に窓の位置を決めてしまうと、隣の家の壁しか見えない窓もできてしまいます。熟考を重ね、住宅の見えない角度と位置にだけ窓を設けてあります。

もちろん、外の風景だけを選んでいたのではありません。リビングの窓越しに見えるガレージという、ひと味違った風景もあります。N様の四駆の車もまた軽井沢らしい景色かもしれません。



次のページ: リフレッシュの空間だからこそこだわりを大事にしたい

1 / 2

ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • エコ住宅新築でエコポイント

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.