リフォームでエコ新築でエコ-デザイン性。機能性。快適性-。住まいに何を望むかは人それぞれ。ですが、皆に共通した思いがあります。それは、家族が笑顔で暮らせること。そのためのお手伝いをエコガラスで。みなさんの快適な暮らしをサポートします。

住む人によりそってつくられるのが注文建築の醍醐味

ガレージ以外の仕様は、奥様の希望を最優先で決めたというO邸。

たとえば、コンクリートの打ちっぱなしに住んでみたい、という希望。斜線規制のためにどうしても斜めにならざるを得ない3階の北面の内装をコンクリートにすることでしっかり生かされています。さらに、たっぷり奥行きのある収納スペースとして大活躍。「生活空間としては使えなくても収納にだったら問題ないですから。大助かりですよ」と奥様。

また、洗濯機をキッチンの横に持ってきたり、調理台の高さをご夫婦に合うものにしたりと共働きならではの工夫も随所にみられます。いちばんの仕掛けは3階のコンクリート部分に打ち込まれたアンカーボルト。用途は洗濯物干しのためのフック。「とにかく日当たりがいいのでよく乾きますよ」と奥様。

クリックで大きく表示します

▲右側壁面に打ち込まれているのが、物干しのためのフック。(※詳細は画像をクリック)



イメージ

そのほか、地下は収納、1階はガレージと駐車場、2階は寝室やバス・トイレなどのプライベートゾーンというようにフロアごとにコンセプトをしっかり分けたO邸。「ひとつの空間で、一連の生活ができるようになっているので、メリハリがありますね」。

竣工して約2年、お子様も生まれ、O邸もにぎやかになりました。家族が増えても、バリアフリーで、シンプルなつくりの家は掃除がしやすく、子どもの空間もフレキシブルにつくれるので、いろんな意味で正解だったようです。

「似たような敷地で同じくらいの大きさの建売住宅をみたことがあるんですが、収納もなく、動線もめちゃくちゃ。そこでは生活できないと思いました。やはり注文建築っていいなあと思いましたね」と奥様。家にあわせて暮らすのではなく、暮らす人にあわせた家のよさは、住むほどにじわじわとわかってくるもののようです。



お気に入りのソファでくつろぐN様

▲お気に入りのソファでくつろぐN様





建築家:佐藤宏二
取材企画協力:田邉 恵一
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

前のページ: 採光重視で広がりを感じさせる3階の生活空間

1 / 2

ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • エコ住宅新築でエコポイント

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.