リフォームでエコ新築でエコ-デザイン性。機能性。快適性-。住まいに何を望むかは人それぞれ。ですが、皆に共通した思いがあります。それは、家族が笑顔で暮らせること。そのためのお手伝いをエコガラスで。みなさんの快適な暮らしをサポートします。

ようこそ我が家へ-開口部にこだわった新築レポート-

3つの箱で構成された家 群馬県K邸(2009年05月)

窓は、単なる家のパーツではありません。光の取り込み、風の通り道、断熱・防音、眺望、インテリアetc……と、 生活を快適に保つさまざまな役目をあわせもっています。そう、開口部にこだわるということは、生活にこだわるということ。 そんな生活にこだわるご家族のお住まいを拝見しました。

今月の家を手がけた建築家:桐山 和広

取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

3つの箱で構成された家 群馬県 K邸 ぽかぽかの家族時間が流れる大空間

目印はウッディな外観

長方体の3つの箱がならんだ、ちょっと楽しげな印象のK邸。木をふんだんに使った外回りは、古くからの日本家屋のようなぬくもりを感じさせます。一方、フラットな屋根部分はモダンな雰囲気。両方が組み合わさったちょっと独特な趣です。

玄関は?…と見ると、ありました。西側に引き戸。外回りと同様、木製なので、外回りになじんでいて、一見気がつきません。まさにびっくり箱のように、わくわく感たっぷりです。

クリックで大きく表示します

▲手前に玄関の引き戸が…(※詳細は画像をクリック)



一歩なかに足を踏み入れると、コンクリート打ちっ放しの、モダンでシンプルな空間。すっかり世界が切り替わります。

K邸はコンクリートの箱が南側から順に小、中、大と配置され、外装は唐松の板。しかも箱ごとに微妙に板の幅を変えている。みればみるほど味のあるお宅です。
南側の箱は玄関とバスルーム。といっても閉ざされた空間ではありません。オープンエアのテラスを併設してあり、露天風呂気分が味わえます。もちろん外からは見えないよう計算されています。真ん中はLDK、奥が2フロアの個室スペースという構成です。

クリックで大きく表示します

▲テラスの一角という感じのバスルーム。(※詳細は画像をクリック)

クリックで大きく表示します

▲中に入るとその広がりに圧倒される。(※詳細は画像をクリック)



採光と星明かりを楽しむ窓

南に面したボックスの上部にワイドな窓があるため、通りから屋内はほとんど見えないのに、屋内がとても明るいK邸。大中の箱の南面にあるガラスの扉がとても印象的です。

光を取り込むだけでなく、低い位置から天井までの縦ワイドの眺望が得られ、外と双方向でつながります。上部のガラスと扉は、つながったガラスエリアとして、一体化して見えます。このL字になった部分はエコガラスを使用。冬のしんしんとした寒さも、もうれつな日差しもさえぎってくれます。さらにもう一つ、うれしいことがあるそうです。

「ここから夜は星がよく見えるんですよ」とK様。間接照明でそれほど明るくない屋内から、天気のいい夜は星空がきれいに見えるそうです。ちょうどダイニングテーブルから南の空が望め、くつろぎの時間をより楽しませてくれます。

クリックで大きく表示します

▲真ん中とうしろの箱の南面にはL字型に配置された大きなエコガラス。(※詳細は画像をクリック)

もともとログハウス風の家が欲しかったという奥様、星空のもとでとる夕食、窓から見える自邸の木の外観など、ちょっとしたログハウス気分が味わえると満足のようです。



クリックで大きく表示します

▲中からは外がよく見えても、外からは中が見えないので安心!(※詳細は画像をクリック)

クリックで大きく表示します

▲テレビのうしろの木の窓は開閉自由。(※詳細は画像をクリック)



ゆるやかにつながった大空間

天井の高いリビングを希望されていたK様。念願かなって、最大(若干傾斜しているため)で5メートルの天井高のリビングが完成。

奥の個室スペースは、一応区切ってはありますが、普段は開放していて、天井もつながっているので一つの空間のよう。しかも2フロア分なので、真ん中にあるLDKスペースとあわせると実に大きな空間です。

現在、4歳と10か月の息子さんたちとご夫妻の4人で暮らすご一家は、この空間をフル活用してお過ごしです。子育てでお忙しい奥様は、家のなかを広く見渡せるのでお子さんの動きが手に取るようにわかるのがありがたいと言います。奥様のたっての希望で随所に設けた収納は、「急なときにさっと片づけられる」と重宝しているそうです。

実は、この家を設計した桐山先生は、K様のお兄様。

「兄が理想とする家にぼくらの希望をいれてできたのがこの家というところでしょうか」。コンクリートの箱をつなげた構造も桐山先生のアイディアだそうです。

「こだわりたい部分についてはきちんと話しましたが、基本はお任せでした」。昨年秋に竣工し、これから初めての夏を迎えるというK様ご一家。

「冬も苦もなく乗り切りましたので、夏もきっと涼しく、気持ちのいい暮らしができそうで楽しみですね!」

クリックで大きく表示します

▲家中が太陽の恩恵にあずかれるという幸せ!(※詳細は画像をクリック)

クリックで大きく表示します

▲コーナーごとにめりはりのあるワンフロア。(※詳細は画像をクリック)





建築家:桐山 和広
取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • エコ住宅新築でエコポイント

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.