リフォームでエコ新築でエコ-デザイン性。機能性。快適性-。住まいに何を望むかは人それぞれ。ですが、皆に共通した思いがあります。それは、家族が笑顔で暮らせること。そのためのお手伝いをエコガラスで。みなさんの快適な暮らしをサポートします。

ようこそ我が家へ-開口部にこだわった新築レポート-

2階リビングは光と風と大人の居場所 東京都M邸

夫婦+子ども2人
木造2階建
建築面積 48.488㎡
延床面積 95.84㎡

今月の家を手がけた建築家:並木秀浩(ア・シード建築設計)

取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

太陽光も月光も。心地よい光を招き入れる窓

床から天井まで、そのほとんどが大きな窓。 階段を上って招き入れられたリビングは、おだやかな光で満たされた明るい空間でした。

精密部品の工場を営むIさんご夫妻が仕事場までの通勤を考え、住まいにと選んだ土地は、低層の一戸建が集まる静かな住宅地の一角。設計を依頼した並木秀浩さんからは、周辺に高い建物がない敷地を見るなり「リビングを2階に広く取って、窓から光をたくさん入れましょう」との提案を受けたそうです。

明るいリビングは大歓迎、でも「夏は暑くていられないのでは、と最初は心配でした」と、お話を聞かせてくださった奥様は話します。それでも「大丈夫。夏は涼しく冬暖かい家にします」という並木さんを信じ、まかせた家は、言葉に違わぬ「冷暖房のほとんどいらない住宅」となりました。

I邸の平面はほぼ正方形。1階はIさんとふたりのお子さんの個室にあてられ、2階は東側にIさんのご主人の部屋がある以外は全スペースがリビングダイニングになっています。リビングの南側は、床から3.5mの天井までほぼフルハイトとなったペアガラス窓の大開口。たっぷりと入る外光で日中は照明いらずです。

南面に大きな窓を切ると、明るい反面夏の暑さが心配ですが「真夏は太陽が屋根の上を通り、窓からは直接日光が入ってきません」とIさん。張り出した庇が直射日光を防ぎ、真夏の南中時の日差しがくるのはバルコニーと室内を隔てる敷居あたりまでとのこと。

I邸のファサードとなっている接道側からの西日も、屋根まで届く幅2mの袖壁を作ることでバルコニー側への射し込みを防いでいます。じかに日射を受けるキッチンの窓にはエコガラスを使いました。四季を通じて柔らかい光が入り、カウンターに並んだ鉢植えの緑の伸び具合も上々です。

西面ファサードから見る、片流れ屋根のモダンなI邸。2階南側リビングにはバルコニーと大きな開口部があるが、アプローチ上部が西日を遮る袖壁となっており、正面からは見えない。

I邸リビング南側のもっとも高い天井部分は3.56m。垂木ぎりぎりまでペアガラスの窓が切られている。庇の深さは1mあるが、傾斜屋根のおかげで暗さは感じない。バルコニーは隣家の屋根と同等の位置にあり、遮るものなく光が入る。



さらに、I邸のほぼ中央に位置する階段の真上には天窓が切られ、自然光が階下まで落ちるようになっています。これもエコガラス。

最初は室内灯でいいと思っていたというIさんですが「最近わかったんですよ。年に2度、春分の日と秋分の日に家の真上に月が来て、この窓からまっすぐに月光が入るって。ああ、そうだったのかと。偶然の産物かもしれないけど、カッコいいんです」。

ご主人もお子さんも出はらった夜にたまたまおひとりで見ていたそうで、ラッキーでしょ、といたずらっぽく微笑みました。

太陽と月、それぞれの光を窓が上手に招き入れている…そんな想像がふくらむ家です。

直射日光を受けて階下まで自然光を導く階段の上の天窓には、省エネ等級最高位のエコガラスを採用。夏場には、並木さんのアイディアでつけられた電動で出し入れできる庇が活躍する。



次のページ:自然の風と自然の建材で、部屋の空気に透明感が

1 / 2

ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • エコ住宅新築でエコポイント

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.