リフォームでエコ新築でエコ-デザイン性。機能性。快適性-。住まいに何を望むかは人それぞれ。ですが、皆に共通した思いがあります。それは、家族が笑顔で暮らせること。そのためのお手伝いをエコガラスで。みなさんの快適な暮らしをサポートします。

ようこそ我が家へ-開口部にこだわった新築レポート-

光と陰影の宝箱。多彩な空間が連なる家 東京都M邸

夫婦+ 子ども1人
木造(一部RC造) 地上2階地下1階建
建築面積 57.77m2
延床面積 135.07m2

今月の家を手がけた建築家:杉浦充(充総合計画)

取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>


大きな窓がたくさんあれば家は明るくなる。ふだん、わたしたちはなんとなくそう思ってはいないでしょうか? そんな「なにげない思い込み」を払拭してくれる住まいが、武蔵野市のM邸です。

古くからの住宅街の一角、道路から引っ込んだ家の、アプローチから見える外観は壁と小さな細長い窓だけ。少し謎めいているようにも思えます。
しかし、玄関の扉を開けると同時に目に飛び込んだのは、天井まで届く窓ごしに揺れる、明るい日差しを浴びた緑でした。それを合図に、外側からは思いもつかない開放感あふれる内部空間へといざなわれたのです。

旗竿型の敷地の奥に佇む、白い壁とスリット窓のM邸。

玄関扉正面には、天井まで届く緑のピクチャーウインドーが配置されている。



「たくさんの大きな窓」より「最適な位置とサイズでカーテンいらずの窓」

住んでいた賃貸マンションの窓が少なく暗かったため、新居は明るく開放的な感じにしたかったというMさんご夫妻。充総合計画の杉浦さんに設計を依頼したときは、当然のように「窓は大きく数を多く」と思っていたそうです。
「それがいかに間違っているか( 笑) を杉浦さんには教えていただきました。必要な場所に必要な大きさの窓を、ということだったんです」

ご夫妻と2才の娘さん、3人暮らしの中心をなす2階は、キッチンからダイニングスペースを経て吹抜けのリビングまでを一望できる空間。パイン材の梁と珪藻土の壁、ホワイトアッシュの無垢フローリングのリビングは、南側のバルコニーや高窓、さらにはDKの窓からの光がよく回り、さわやかな明るさです。
隣家との距離はほとんどありませんが、バルコニーには木製の目隠しをつけ、DKスペースの窓は高い位置に切ることで外からの視線を遮断して、光だけを取り込むことに成功しています。

バルコニーと反対側の壁には、アプローチから見えた横長のはめ殺しスリット窓。実はこれ、サッシを逆に取り付けて外側にフレームが回らないようにした、設計者こだわりの窓でした。
「カーテンなしでも外から室内が見えないし、高さもちょうど良くて、気兼ねなく外をのぞけるんです。監視用(笑) としても重宝しています」とMさん。最初は開き窓を希望していた奥様も「こっちは西日が射す方だし、南や東に開口部をとっていて明るいので、今はこれくらいでよかったと思います」。

南面に集中する窓からの自然光が回る、白壁と白木で構成されたリビング。テレビ台は杉浦さんオリジナルの造作家具。



ついのぞきたくなる絶妙な高さと大きさのスリット窓は、意匠性、プライバシー保持、西日対策と三拍子そろったスマートな開口部だ。



周囲に建物が密集する環境では、単純に窓を大きくしても「プライバシーがとれなければ結局カーテンを閉めることになります」と語る杉浦さん。カーテンやブラインドといったフィルターにできるだけ頼らず開口部を生かすために、M邸ではすべての窓の大きさや位置が十二分に検討されました。

リビングのほか、寝室をはじめとする1階部分の居室もその好例です。主寝室は東と北に小さめの窓があり、どちらも天井寄りの高い位置に置かれています。木製のブラインドを閉め切ることなく就寝中のプライバシーが確保でき「朝は東側の窓からさんさんと光が入って、明るいんです」と、こちらも明るい奥様の声です。

窓のサイズは小さめでも、東の高い位置から光が射し込むため明るさ十分の寝室。北側の壁に使われた濃紺のアクリルペイントで室内は落ち着いた雰囲気に。




次のページ:ペアガラス窓& しっかりした断熱で次世代省エネ基準をクリア

1 / 2

ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • エコ住宅新築でエコポイント

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.
経済の基礎知識