リフォームでエコ 新築でエコ-デザイン性。機能性。快適性-。住まいに何を望むかは人それぞれ。ですが、皆に共通した思いがあります。それは、家族が笑顔で暮らせること。そのためのお手伝いをエコガラスで。みなさんの快適な暮らしをサポートします。

中庭は家族の関わりを調整する緩衝帯

中庭と大きな窓で異なる世帯がゆるやかにつながる家の住まい心地を、娘世代のKさんは「意識すれば見えるけれどそうでないときは見えない。そういうつくりになっているのは、生活し始めて実感しました」と話します。

1階の2つのリビングは、相対しないよう直角に配置されています。また2階は高さがあるため、階下の世帯と窓が向き合っても視線が合うことはありません。
中庭越しながら玄関の真正面にリビングを持つMさんは「丸見えの状態では(玄関やOさんの部屋からの)視線が気になります。窓には縦型ブラインドを立て、部分的にカーテンを引いて風を通しています」。
対称的にOさんは、日差しが強いとき以外は夜間もめったにブラインドを使わず開放的に過ごしているとのこと。

世帯ごとに違う窓の扱いには、Kさんいうところの「親子の関わりに対する捉え方や感覚の違い」が表れているようです。Mさんも「娘に見られることは、私は余り気にならないんです。それと同じように、私の母も私や孫娘に見られても、余り気にしないのではと思います」。

その一方で、長時間明かりがつかなかったり動作の気配がないなど異変があればすぐに気づくことができ「ふだんは自由、いざというときに安心感を」という、高齢の家族を気遣う住まい手の思いに、大きな窓はしっかりこたえています。

今後のヒメシャラの生長も考えあわせ「中庭をある種のバッファゾーンとして、住まい手同士の関わり方をコントロールできるだろう、という考えはありました」とは、大川さんの言葉です。

2階の窓からは、階下の住人の気配はわかっても視線が交わることはない。

Mさん宅リビング。中庭を通じて正面に玄関、左側にOさん宅リビングの窓が見える。

中庭の役割はそれだけではありません。
新築後、3世帯そろってのバーベキューが家族の新たな習慣になったといいます。食材の下ごしらえにはMさんのキッチンを使い、近所に住むKさんの妹やときには友人家族も加わって、子どもたちがデッキを駆け回ります。
緩衝帯であり集いの場でもある中庭空間は、この家に住まい、訪れる人々が柔らかくつながりあうためのよりどころでもあるのでしょう。

Mさん宅リビングは、キッチンと一体化したコンパクトな空間ながら、約4.5mの天井高が心地よい広さを感じさせる。隣家の視線を遮るため高い位置に切られた窓からは「月が見えることもあって、きれいなんですよ」

開放感と心地よさの源泉、内と外をスムーズにつなぐ窓

ジャロジー以外はすべてペアガラスが採用されたK・M・O邸の窓は、中庭型住宅の特長である風通しと採光の良さを担保するのはもちろん、内と外とをスムーズにつなぎながらすっきり見せたいという設計者の思いを映した工夫が見られます。

2階の窓は、窓台と小壁で上下の框を室内から見えないようにし、視界に広さが感じられます。奥行き52cmの窓台は、以前の住まいでKさんご夫妻が育てていたハーブの鉢を置けるように、との大川さんの心遣い。

上下の框が見えないように工夫され、すっきりと視線が通る2階リビングの窓。

出窓部分は腰掛けたり、ちょっと寝転ぶにもうってつけ。気候のいいときには窓を開け、風に吹かれながらくつろぐ特等席となる。

大きなFIX窓を通して中庭が一望できる1階玄関も、印象的な空間のひとつです。訪れる人が扉を開けて最初に目にする風景を大事にしたい、との設計側の意図は、思わぬ効果をももたらしました。
「祖母は近所に知り合いが多くて、玄関でよく話をしているんです。視界が広くて奥に木があり、圧迫感もない使いやすいスペースになっているのでは(Kさん)」
窓によって外と内とが結ばれたこの空間は、もっとも長くこの地に住まってきたOさんにとって、ご近所との話も弾む縁側のような居場所となっているのでしょう。

「分かれて住んだというのは、正解だったと思います」Mさんの言葉です。
家族それぞれを一個人と認め、培ってきた習慣やライフスタイル、価値観を互いに尊重しながら共に住まう。加速する高齢化社会の中、核家族が再構成する新たな多世帯住宅
のひとつの姿を、見たような気がしました。

 

玄関は、頻繁に訪れるご近所さんとOさんの談笑スペース。床から立ち上がるFIX窓から中庭の緑が見通すことができ、明るく心地よい場所だ。

取材に訪れた日は屋上菜園の枝豆がたわわに実っていた。収穫は家族みんなで分かち合って楽しむ。

取材・文:二階幸恵
撮影:渡辺洋司

今月の家を手がけた建築家:
大川直治(大川建築都市設計研究所)

取材企画協力:OZONE家づくりサポート
<建築家選びから住宅の完成までをコーディネートする機関です>

 



前のページ:3世帯共通の思い「独立しながら一緒に住みたい」

1 / 2

ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • エコ住宅新築でエコポイント

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.
経済の基礎知識