新築でエコ リフォームでエコ-GLASS de ECO-長いこと暮らした我が家。柱の傷にさえ、思い出があって…。エコリフォームなら愛着ある家はそのままに快適性をグンとアップ! もちろん新築するより経済的で、工期も短い。思い出いっぱいの家が、快適に生まれ変わります。

エコリフォームでRe-Home-窓から快適、リフォームレポート-

大規模リノベーションのエコリフォーム 静岡県 K邸 既存建物をまるごと改修、最先端エコ住宅へ

300

K邸DATA:

  • 立地:静岡県静岡市
  • 住宅形態:木造2階建2×4(1988年竣工)
  • 間取り;2LDK+和室
  • 住まい手:夫婦+子ども1人
  • リノベーション工期:2010年2月~6月
  • 窓リフォームに使用したガラス:Low-E複層ガラス/遮熱Low-E複層ガラス
  • エコポイント発行:30万ポイント(窓/壁・天井・屋根・基礎断熱)

質の良い建物と熱心な施工者に出会い、リノベーションを決断

静かな住宅街のつきあたりに、白壁と急勾配の屋根の家が見えてきました。Kさんご一家の新しい住まいは、既存建物を大規模に改修したリノベーション住宅です。

ドーマー窓のついたトンガリ屋根が個性的なK邸外観。屋根裏は大きなロフトになっていて収納も安心だ。

JRと静岡鉄道、2本の鉄道駅が利用できる立地が魅力だったというKさんご夫妻。既存住宅が建ち上がっている土地を購入した当初の思いを、奥様は「古いのを買ってしばらく住み、子育てが一段落して私が働き出したら、全部つぶして新しく家づくりをしようと考えていました」と話します。

大規模改修は「一切考えていなかった(Kさん)」というご夫妻の気持ちを動かしたのは、この土地と建物のもとの所有者で2×4住宅づくりの専門家である静岡三基(株)の伊豆川さんでした。

「建物は1981年の新耐震基準制定後のもので躯体に問題がなく、もったいないという気持ちがすごくありました。以前のお住まい手から買い取った後、なんとかリノベーションしたいと思い続けていて」。壁の量や位置も、部屋を細かく区切らない現代的なプランニングへの変更が可能な状態でした。

そこで伊豆川さんは3つの提案を試みます。水まわりのみのミニマムなリフォーム、間取りを変えずに内窓設置などを行う内装リフォーム、そして建物の躯体のみを残し、間取りを含めて全体を新築同様にする完全なリノベーション。3つ目の案は高額ですが、それでも新築と比較すれば少なからずローコストな計画です。

ご夫妻と伊豆川さんは毎週のようにミーティングを重ね、最大の不安材料だった耐震性を始め、空間性と間取り変更の実際・採光と風通し・断熱など、改修した場合に考えられるあらゆる疑問や不明な点を解決していきました。
半年後、ご夫妻は3つ目の提案である大規模リノベーションを選択。築22年の2×4住宅は、現代のエコ住宅へと見事な変貌を遂げたのです。

キッチン側からリビングを見通す。間仕切り壁を取り払って広い空間を実現した。南側に集中する開口部と吹抜けの窓からは、外光がたっぷり入る。

難しい2×4住宅の間取り変更に成功。耐震補強もしっかりと

「圧迫感のない広さがあり、明るくて風通しの良い家」という住まい手の基本的な希望に沿いながら、四季を通じた温湿度などの室内環境や省エネ効率を含む作り手のアイディアも盛り込まれて、出来上がったのは中央に吹抜けを持つオープンプランの家でした。

1階は窓の少ない北側にユーティリティスペースを集中。南側は中央の構造壁を残しつつ間仕切り壁は取り払ってLDKを配置しました。リビングの外側にはウッドデッキをつけ、吹抜けとともに縦横両方向の開放感を生み出しています。

地元のバスケットボールクラブの選手として週末ごとに試合に出る、というスポーツマンのKさんは「毎日家でストレッチをするんで、広い場所が欲しかったんです。畳コーナーもある大きいリビングはありがたいですね」。上背もあり「吹抜けがあると圧迫感が少ないです」とニコニコ顔です。

4畳の畳スペースはストレッチにも最適。テレビ後方の構造壁がワンルームの空間を支え、その背後にサニタリーコーナーが集中する。

キッチンの配置は時間をかけて検討された。対面式で、調理しながらリビング全体を見渡すことができる。


リビングがいちばん好きとおっしゃる奥様も「家族や友達みんなでいられていいですね。吹抜けの高い窓から光もこぼれてきて明るいし」と、ワンルームへの間取り変更に満足げ。寝室と子ども部屋を2階にし、さらに小屋裏を物置きとして活用することで、家具も少なく広々とした空間となりました。

躯体全体のバランスを取り直し、壁の内側からも耐震補強を施して成功した、一般的に2×4住宅では難しいとされる間取り変更とオープンプランニング。しかしリノベーションはこれだけに終わりません。

快適な室内環境をつくるため、窓をはじめ徹底した高気密・高断熱化が図られたのです。

改修前からあったたくさんの出窓があちこちで生かされている。リビングや子ども部屋のほか、階段の踊り場もこの通り。

和室6畳の2階寝室。最近は寝室を畳敷きにする若い世代が増えているようです、と伊豆川さん。



次のページ:大空間を快適に保つには、開口も外皮も高気密・高断熱が不可欠!

1 / 2

ページの先頭へ

INDEX

  • ようこそ我が家へ
  • 窓リフォームでエコポイント
  • 減税措置等で、さらにお得!

エコガラス知識

  • エコガラスについて
  • あなたの街で体感エコガラス
  • エコガラスでどれだけお得?
  • Q&Aよくある質問
  • エコブログ
  • ガラスの森 童話賞
  • デンマークからの手紙

お知らせ・お問い合わせ

  • メールマガジン配信お申し込み・配信停止
  • マスコミ関係の方々へご案内 パブリシティ・ニューズレター
  • お問い合わせはこちらへ

メーカーリンク

世界中いたる所、くらしがあればガラスがある。 ガラスの世界地図 GICガラス情報投稿サイト
チャレンジ25

板硝子協会はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。


Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.