リフォーム 窓

リフォーム 窓


リフォーム 窓でお探しの方へ。エコガラスをはじめとしたLow-E複層ガラスは新築戸建住宅での採用率が約8割に達し、窓ガラスのスタンダードになっています。最近では、より省エネ・断熱性に優れたZEH※3、HEAT20※4、など高性能な住宅の普及に向けた取り組みが増えています。

■エコガラス 商品ラインナップ

<セントラル硝子>
ペアレックスツインガード/ペアレックスヒートガード/ペアレックスヒートガードG/窓ンナ


<AGC>
サンバランス/サンバランスセキュリティー/セキュレサンバランス/マイミュートサンバランス/ペヤプラス


<日本板硝子>
ペアマルチスーパー/ペアマルチレイボーグ/ペアマルチLow-E/スペーシア/スペーシア静/スペーシア守/スペーシア21/セキュオペア(遮熱高断熱タイプ)(高断熱タイプ)/パイロペア(遮熱高断熱タイプ)(高断熱タイプ)/レイボーグ光

>>詳細はこちら

リフォーム 窓


■事例紹介

エコガラス窓を使いこなし上手な換気と梅雨の湿気対策を
群馬県・I邸/茨城県・O邸/埼玉県・I邸


梅雨の季節といえばまず気になるのが湿気でしょう。洗濯物を部屋干しする機会も多くなり、カビによる建物の傷みや健康被害も心配です。高くなった室内湿度を下げるには、エアコンのドライモードを使うほかに窓を開けての換気が有効なときもあります。そんなとき頼りになるのが“すべり出し窓”や“回転窓”、“外開き窓”と呼ばれるタイプの窓たち。日本で一般的な引き違い窓と違い、回転する窓が外にせり出して目の前を通っていく風をつかまえ、部屋の中へと引き入れてくれるのです。『ウインドキャッチ』と呼ばれるこの機能をフル活用しているのが、茨城県取手市の田園地帯に建つO邸。27ある窓すべてがエコガラスですが、そのうち引き違いは6箇所だけ。残りはすべり出し窓とその複合型のFIX窓などで占められています。

>>詳細はこちら

■エコガラス よくある質

Q.窓ガラスをエコガラスに交換する場合は、サッシごと換える必要があるのですか?
A.窓ガラスをエコガラスに取り換えるだけでも、かなりの省エネ効果が期待できます。窓全体としては、複層ガラス用の断熱サッシとの組み合わせがベストですが、サッシはそのままで、ガラスだけを交換できるアタッチメントがありますので、現在お住まいの住宅でもエコガラスに交換することができます。


Q.窓の交換は結露に効果がありますか?
A.結露は外気で冷たくなった窓ガラスやサッシにお部屋の暖かい空気(に含まれる水蒸気)が触れて液体になることによって発生します。しかし、エコガラスは冷たい外気を伝えにくいので、結露防止に高い効果が期待できます。サーモグラフィーで室内温度が22度の時の窓ガラスの表面温度を測ってみると、一枚ガラスの表面温度は18.8度、エコガラスは室内温度に近い21.5度に保たれているのが分かります。

>>詳細はこちら

リフォーム 窓でお探しの方も、是非エコガラスをご検討下さい。


お問い合わせはこちらからどうぞ
>>お問い合わせフォーム

リフォーム 窓