窓ガラス 結露防止

窓ガラス 結露防止


窓ガラス 結露防止でお探しの方へ。高い省エネ効果が期待できる窓ガラス エコガラスはいかがでしょうか?エコガラスは、板硝子協会の会員であるAGC(株)、日本板硝子(株)、セントラル硝子(株)の3社が製造するLow-E複層ガラスの共通呼称です。Low-E複層ガラスというのは、複層ガラスの間に特殊な金属膜をコーティングしたガラスのこと。すぐれた断熱性能と遮熱性能で、ガラスからの熱の出入りを防いで、暑い夏も、寒い冬もお部屋を快適に保ってくれます。

■エコガラス 商品ラインナップ

<セントラル硝子>
ペアレックスツインガード/ペアレックスヒートガード/ペアレックスヒートガードG/窓ンナ


<AGC>
サンバランス/サンバランスセキュリティー/セキュレサンバランス/マイミュートサンバランス/ペヤプラス


<日本板硝子>
ペアマルチスーパー/ペアマルチレイボーグ/ペアマルチLow-E/スペーシア/スペーシア静/スペーシア守/スペーシア21/セキュオペア(遮熱高断熱タイプ)(高断熱タイプ)/パイロペア(遮熱高断熱タイプ)(高断熱タイプ)/レイボーグ光

>>詳細はこちら

■事例紹介

技ありの窓がいっぱい 都心密集地に建つ3階建の家
東京都・S邸


窓は、デザインの要素としても活躍しています。S邸のファサードを見る人は、2・3階の窓を「一枚のガラスでは?」 と思うかもしれません。それぞれの階の書斎・パソコンスペースは耐熱強化ガラスの入った窓が切られ、同一の木の板材を外側に張ることで、上下に連続する感覚がつくり出されています。「ここに灯りが入っている様子がとても好き」と奥様。建物の“顔”の演出にも、窓は一役買っているようです。装飾性を強く感じさせる窓も。2階リビングの高窓がそれです。モノクロームのシェードがついたふたつの窓は、南向きにもかかわらず隣家の壁が迫るため「あまり開けないですね」。もうひと窓は真西に向いていてこちらもそうは開けず、換気などは主にルーフバルコニーのテラス窓でしているそうです。

>>詳細はこちら

■エコガラス よくあるご質問

Q.窓ガラスをエコガラスに交換する場合は、サッシごと換える必要があるのですか?
A.窓ガラスをエコガラスに取り換えるだけでも、かなりの省エネ効果が期待できます。窓全体としては、複層ガラス用の断熱サッシとの組み合わせがベストですが、サッシはそのままで、ガラスだけを交換できるアタッチメントがありますので、現在お住まいの住宅でもエコガラスに交換することができます。窓ガラス 埼玉でお探しの方も是非お試しください。


Q.エコガラスの特殊金属膜とは、どのような膜ですか?
A.酸化亜鉛と銀をコーティングしたものです。この特殊金属膜により、夏は、板ガラスへ入射した日射エネルギーを室外に反射させ、冬は暖房熱を室内側に反射させます。このはたらきが、夏涼しく、冬暖かい快適な環境をつくります。また、窓ガラス 結露防止でお探しの方はご存じかもしれませんが、熱は反射させますが、太陽の光は十分室内に取り入れますので、屋内の観葉植物の育成などに影響はありません。


Q.エコガラスを使用した場合、どの程度省エネ効果とCO2削減効果があるか、試算できますか?
A.通常の一枚窓ガラスをエコガラスに交換した場合の、CO2削減量と暖冷房費の削減額を簡単にシミュレーションできます。こちらにアクセスしていただき、お住まいの地域と建物の種類をお選びください。窓ガラス 結露防止にご興味のある方も是非チェックしてみてください。

>>詳細はこちら

窓ガラス 結露防止でお探しの方も、是非エコガラスをご検討下さい。


お問い合わせはこちらからどうぞ
>>お問い合わせフォーム

窓ガラス 結露防止