窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

我が家の畑と、これからの住まいについて

 
上山さん、これからよろしくお願いいたします。
正月にミラノでお会いして"ミラノのレイコ"でブログ見てください、と言われてからずいぶん時が経ってしまった感があります。
お三方のブログを読んでいると文字どおりイタリア、ドイツ、デンマークと一斉に春が来たようで華やかな3都市勢揃いの感があります。皆さんどうぞよろしくお願いいたします。
 
写真�[1].JPG  我が家の畑も、いちご、さやえんどう、ソラマメが収穫をむかえ、ジャガイモも新芽を伸ばしています。昆虫達の活動も活発になり、薬を使わないようにとカバーをしていますが、どこからともなく入ってきます。
 
写真�.JPG  
ところで、先日、茨城県つくば市の建築研究所の敷地内に完成したLCCM住宅を見学してきました。LCCMとは、LCがライフサイクル、CMがカーボンマイナスの頭文字で建設から廃棄までに出すCO2がトータルでマイナスになる住宅のことです。

 
写真�[3].JPG  
ここまで読んで頭が痛くなった人には、要するに住宅の材料・建設や生活することで排出したCO2を太陽光発電などでエネルギーを作り、高効率設備などで省エネして元をとり、おつり(マイナス)が来る住宅ということです。
もちろん、元をとる時間を短くするには、住宅も暖房や冷房の効率が良い断熱性能が求められます。要するに難しいということ?

 
写真�[4].JPG  
わかり易く言えば「エコガラス」の登場というわけです。
建物の設計も日本人向けに南側には大開口を設け、空気の流れを考えた現代版の民家です。昔の縁側やよろい戸、換気用の越屋根を使い、夏冬のしつらえを変化することまで考えた昔の知恵を取り込んでいます。

 
写真�[5].JPG  
これから夏に向かい節電を突きつけられた日本の住宅へのひとつの解答であり、苦しい節約ではなく楽しい住まい方を考えるヒントがたくさんありました。




投稿者:木原さん  カテゴリー:
2011年5月16日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに来て早17年。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.