窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

おばあさんトリオのお花見


いつもの年より1週間ほど遅れて、おばあさんトリオの毎年恒例のお花見をしました。
サクランボやリンゴの花はもうそろそろ終わりかけ、でも、白いナシの花がわたしたちを待っていて
くれました。

花をつけた果樹、牧草地、畑、村々、森、そして雲が流れる、このなんでもない風景を丘の上から見
渡し、「愛でる」のがわたしたち3人のお花見。
あの大きなナシの木、とっくに100歳を超えているのよ。クルミの幹の肌って、殻のそれと似ている
ね。セイヨウナタネの畑、増えたなあ。そんなことを話しながら歩き、立ち止まり、ベンチに坐りま
す。さっきから一羽のチョウチョがわたしたちに付いてきています。


丘の上から
この辺りの女の子に人気の趣味のひとつは、乗馬。
趣味以上に濃いものが馬と人の間にはあるようですね。
「ハロー」とにっこり笑って、去年もその前の年にも会ったような気がするふたりがわたしたちを
ゆっくり追い抜きます。馬上の人って、凛々しいなあ。でも、どうして、男の子は少ないんだろう。


女の子に人気の乗馬
近くの村の「山のカフェ」に寄って、裏庭のテラスでコーヒーとケーキにします。
わたしの友人の伯母さんふたりが「ふたりで生きていくために」長いあいだ経営していたこの伝説の
カフェ、ふたりが亡くなって、いまはギリシャ人ファミリーが受け継いでいます。

カササギの巣よ。高い梢を指差してマリアが言います。どうして分かるの? ああいうダラシナイつ
くり方をするのはカササギに決まっているの。ふーん、あれがダラシナイ巣なのか。わたしにはよく
分かりません。でも、あれだけの枝やらなにやら、集めるだけでも、たいへんな仕事じゃないかなあ。


カササギの巣
別の村にあるマリアの畑にも寄ります。
彼女が畑の手入れをするあいだ、ギゼラとわたしのたのしみは「お畑拝見」。見慣れたもの、なにか
新しいもの、見所がいっぱい。
サクランボやリンゴの木に吊り下げた小鳥のレストラン、物置小屋の窓際に吊ったマリア手づくりの
昆虫ホテル、鳥たちのための水飲み場・・・あ、ベンチの脚もとからホップがツルを伸ばしている。
うれしい今年の発見です。


小鳥のレストラン
昆虫ホテル

鳥たちのための水飲み場
お花見の締めは、畑のルバーブを抜いて束ねること。
もらってきたルバーブで今年も甘酸っぱいジャムがいく瓶もできました。





投稿者:森さん  カテゴリー:
2012年5月 7日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.