窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

地中海からの風が吹いて、秋


ナスやズッキーニ、ピーマン、トマトなど、夏野菜を大鍋に放り込んでつくるラタトゥイユもそろ
そろ食べ納め、夏の終わりのテュービンゲンです。
ギリシャのテッサロニキで里帰りヴァカンスをしていた友人が、「お土産よ~」とちいさな籠を届
けてくれました。お母さんの家の庭で摘んで乾かし、手もみしたオレガノ、近くの小島に住むおじ
さんがつくる蜂蜜、木の実の自家製リキュール、アンチョビなど、地中海の味づくしの籠でした。
南仏で過ごしていた人からは庭の月桂樹やローズマリーの小枝、野生のタイムが届きます。

街のなかでも、秋を告げる年中行事の地中海物産市がひらかれました。
姉妹都市のフランスのエクサンプロヴァンスとイタリアのペルージャ(海に面してはいない町です
が)の人たちがそれぞれの町の特産品を持ち込んで、旧市街いっぱいに店を広げるこの催し、今年
でもう18年目、テュービンゲンの9月の<季語>となっています。

先週の木曜日、午後1時のオープニング。
市役所前広場の一角、木枠で囲っただけのミニ・ステージでエクサンプロヴァンスとペルージャか
らの代表と並んで挨拶するのは、市長のパルマーさん。青いシャツが、「省&創エネルギー→気候
保全」を市政の最優先テーマに高く掲げる彼のトレードマークです。
エクサンプロヴァンス代表(中央の男性)の「みなさん、どんどんお金つかってね、買ってね」の
メッセージを市長がフランス語でもう一度くりかえし、広場にあつまった市民は大笑い。

市長のパルマーさんどこから運んできたのでしょう?
オリーブの木を通りの真ん中にどんと据えて、<太陽がいっぱい>界隈もできています。
鉢には「越冬の仕方、お教えします」のカードも。

太陽がいっぱい界隈エクサンプロヴァンスからの絵描きさんのスタンドです。
ミラボー大通りのカフェ、リュベロンの山の村々や修道院、ラベンダー畑、野に咲くコクリコの
花 etc.etc.、<これぞプロヴァンスの見所>があまさず描かれています。

エクサンプロヴァンスからの絵描きさんのスタンドラベンダーの匂い袋やオイルのスタンドも欠かせません。
テントの縁取りもラベンダー色してますね。

匂い袋やオイルのスタンドペルージャからは、ワイン、オリーブオイル、チーズ、パスタ、ポルケッタ(詰め物をした豚のロ
ースト)・・・・ドイツでもすっかりおなじみのペコリーノ(羊乳のチーズ)も「食べてみて」と
にこやかに差し出されれば、つい手が出ます。
お隣りのスタンドのパスタのトリュフソース和えもとってもおいしかったです。

チーズのスタンドペルージャ在住の織物作家、宮崎恵美子さんです。
ペルージャに来てからフィンランド人の先生について習ったという手織りのショールや日本の古布
でつくったアクセサリーや袋物。
自然素材の風合、そして、手織りの作品にもどこかただよう(ように思えました)「和」の感覚、
素敵です。

「ドイツの人は、とっても興味を示してくれて、うれしい」と、今回で二度目の参加、ペルージャ
からオーストリア経由でテュービンゲンまで、車で10時間の旅だそうです。
また来年も来てくださいね、宮崎さん。

織物作家 宮崎恵美子さん物産市最終日の日曜、これまた19回目の年中行事、市民マラソン大会が開催されました。
クオーターマラソンというのでしょうか、旧市街の周縁と石畳の旧市街の中を三周して10km、参
加者1,700人の熱いレースです。

オリーブオイルを買いに来た人も、ワインを飲みに来た人も、ランナーが通るときはワーッと拍手
で応援。
走者も、さまざまです。
フルにランナーしている人、アメフトの恰好の一団、消防士、タンバリンを打ちながらの人、沿道
の声援にうれしそうに手を振る人、わたしの知り合いも何人もが目の前を走り過ぎていきます。

さて、結果は、29分台のケニア出身の人たちが上位を占めました。常連参加者のパルマー市長のタ
イムは50分6秒、来年の目標は50分の壁を破ることだそうです。


市民マラソン大会
「みなさん、どんどんお金つかってね、買ってね」で幕を開けた行政・商業者組合・市民ボラン
ティアの4日間の共同プロジェクト、市外からのお客も入れて15万人の人出だったそうです。

エクサンプロヴァンスとは1960年から、ペルージャとは1984年から、他にも、ペルー、USA、
タンザニア、スイス、ロシアの9都市と、テュービンゲンは姉妹都市関係を結んでいます。
今回の物産市のような催しだけでなく、遠い国とも近い国とも、「ふだんのお付き合い」がさま
ざまな方面でさまざまなかたちで地道につづけられています。国家間や個人同士ではむずかしい
こと、長続きしないことも、複数の人や組織のネットワーキングで可能になることもあるような
気がする秋です。







投稿者:森さん  カテゴリー:
2012年9月25日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.