窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

居ながらヴァカンスしています


こちらもそれなりの猛暑となり、午後にはゴロゴロときてザーッとひと雨、の毎日です。
今日はヒョウが降りました。
ピンポン球ほどもある、これまで見たことのない大きさのものが、まるで天が大口開けて吐き
出してでもいるかのように直下してきて、ところ構わずパキパキパキパキ打ちつける、10分
ほどのことでしたが、とても長く感じられました。
市内の家々の屋根や窓、ソーラーパネル、車、信号機などに大きな被害が出たようです。

コペンハーゲンの福田さん同様、わたしも今年はおうちヴァカンスです。
窓ガラスを拭いたり、食器棚や椅子のペンキを塗り替えたり、椅子の座面や背もたれの布地を
張り替えたり、棚や抽き出しの中を整理したり......... これまでお預けにしてきたあれやこれや
をたのしみながら、ほわ~っとしています。

いま、この写真を撮るのにすこし光を入れたくて、羽板部を斜めに開けましたが、鎧戸を日中
は閉めて暑さを凌いでいます。幸い、夜のあいだは気温が下がるので、窓を開けて風を入れて
おくと、26~27℃ほどの室温に保てます。
羽板のわずかな隙間からの光だけの、ほの暗い居間やキッチンで過ごす夏の午後は、気持ちも
ゆったりします。


IMG_7729
テュービンゲンのメインストリートに面したこのキッチンの窓が、わたしの世の中定点観測拠
点。朝から夜更けまで、365日、退屈知らずの窓辺です。とりわけ夏のあいだは、のどかな観
光地の路上風景をたのしむことができます。


テュービンゲンには長い歴史の大学をはじめ、たくさんの名物があります。
そのひとつが、春と秋に開かれる蚤の市。捨てるのはちょっとね、の不用品を市民が家庭から
持ち出して、手から手へとモノが循環します。
出店希望者は前年から市役所に申し込むのですが、希望者が多いため、今年は7月にも追加開
催となりました。参加屋台数180、だそうです。わたしも早起きして、3人の友人といっしょ
に店を出しました。

朝5時45分、良い場所をとらなくっちゃ、と、地下の物置に何年も眠らせたままにしていたも
のを詰め込んだスーツケースを引いて会場の通りに着くと、あらら、もうすっかり準備を整え
た人たちがすでに「お商売」を始めています。
一般市民が出かけて来る前のこの時間帯は、プロの人たちの、SP盤や時計、食器といったコ
レクターズ・アイテム物色タイムなのだそうです。プロは出店できないこの蚤の市には、素人
目にはわからない掘り出し物がいろいろあるのだとか。

大急ぎで、友人が取っておいてくれた場所に2m幅の台を据え、台の上やその足もとに売りも
のを並べてわたしと娘もお商売開始。
売るうちに、本は一律1€、CDは1枚2€、3枚なら4€、と値段が決まってきました。その
他は口からでまかせ、テキトーに。
わたしが好きだった女性歌手のCDをまとめて買ってくれるおじさん。日本語の書かれた額や
湯呑みをじーっと眺める、これから日本学を勉強したいという青年。箸はいらないけれど絵が
描かれた箸袋だけほしいという若い女性。いかにも目利き風の女性はぱっと麻布とレースに手
を伸ばします。娘やわたしの友人が次から次ぎ、冷やかしに立ち寄ってくれます。
多くの人との出会いをたのしんでいるうち、いつのまにかたくさん売れていて、物置にすこし
余裕ができた土曜日でした。

セミプロ級とおぼしき、わたしのお向かいさん。
がらくたにしか見えないようなものばかりが並んでいるのですが、男性客で大繁盛していまし
た。片付けながら、これからヴァカンスだあ、と言っていました。


IMG_7684
大きなリュックを背負って、買い出し隊のような若者たちも徘徊しています。
この蚤の市でいちばん売れるのは、幼児の衣類と玩具だそうです。
大学都市ですから、若いファミリーが多いのです。


IMG_7681






投稿者:森さん  カテゴリー:
2013年7月31日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.