窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

ちいさい秋、みつけた


北欧だけでなく、ドイツやイタリアでも、8月後半には秋の感じが漂うようになるのですね。デンマークでは既に学校の新学期が始まっています。子供達が通学する朝8時頃は、朝露が残っていて、半袖とショーツでは空気が肌に冷たいほど。天気が良ければ、10時頃には気温が上昇して、夕方にまた気温が下がるまで、美しい青い空の下、楽しい「夏」の続き。

街を行く人々はサマードレスやTシャツに短パンとサングラスという装いですが、森では樹木の枝は秋の装いに変わり始めています。緑の葉が幾重にもなってできている屋根の下に広がる心地よい日陰を散歩すると、身体は少し汗ばむほどの暑さなのに、木漏れ日の当たる枝の葉が、きれいに紅色に染まっていて、夜間の気温がずいぶん低いのだとわかります。カシワの枝には、まだ緑色のままだけれど、大きく実が育っています。ヘーゼルナッツの実もとげのある皮がはちきれそうなほど大きくなっていました。景色は夏をとどめていても、自然の季節は少しずつ秋へ移りつつあります。

少しだけ紅葉木の実
8月になってから2週間ほど雨がちになっていたのに、また夏日が戻った8月最後の週末には、海へ、森へ、自転車で、ヨットで、オープンカーで、「今年最後の夏」を存分に満喫しようという、たくさんの人々が屋外活動に励んでいました。私は遊覧船での湖をめぐりに誘われました。湖上ではヨット競技が開催されています。また、岸に沿って水面を滑るように進んで行くカヤック、デンマーク独特の四角い帆を張ったヨットにも出会いました。湖面から見える景色は沿岸の森も、大きな邸宅の芝生も、夏の緑。けれども水上では、太陽の温かい光を浴びていても、風が冷たく感じられるほど。

カヤック四角い帆のヨット四角い帆のヨット上でヨットレース
遊覧船の終着地で陸に上がると、夏の陽射しと空気で身体が直ぐに温まりました。そして、デンマーク全国から各地方独特の伝統的な家屋が集められた「屋外博物館」を訪問。ここへも、たくさんの家族が青い空と緑の大地で夏を楽しむために訪れていました。デンマークでは国立の博物館と美術館は入場無料です。雨降りなら館内で一日過ごせるところが、天気が良いと広い庭や公園のあるところや屋外博物館が人気です。広い敷地に1600-1700年代に築かれた農家屋や漁夫の家、風車や水車など約100の建物が、牧草地や農場を背景にするように建っています。大きな風車と正面玄関のある本棟のほかは全て、移築された建物で、屋内には築かれた当時の様子がわかるように、古い家具や食器、道具などが設えられています。

ここ「野外博物館」では、昔の生活様式や祭事、あるいは伝統技能やものづくりの技法も紹介されています。物資の輸送に使われていた馬車も、昔の生活の一部です。馬車をひくのは、小さいけれど力強い北欧種の馬です。荷台には農作物や産品の代わりに、訪問客が乗って、昔と同じ土のでこぼこ道を揺られて行きます。緑に広がる羊が草を食む牧草地のむこう遠くには、農家の建物が見えているだけ。200-300年前の時代へタイムスリップ。

馬車に乗って
太陽が西に傾き始めた頃、家路につきました。帰り道の途中の住宅地では庭のリンゴが大きく赤く実っています。ナシの木にも実がふくらんでします。木いちごを摘んでいるお母さんの姿もありました。ブラックベリーや黒すぐりの実に気がついて、足を止めたり。


初夏のイチゴ、真夏のサクランボ、そして夏の終わりを迎えて大地には甘い果物が、どこにもここにも。黄金色に輝く麦畑では収穫が始まっています。我家もハチミツ20kg採蜜。

美味しい国、デンマーク。










投稿者:福田さん  カテゴリー:
2013年8月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.