窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

そして春。


森にはアネモネの白い花が地面に広がっています。まだ芽が吹き始めたばかりの大きなブナの木の重なり合う枝の間には、遠くに白い花を満開に咲かせている野生種の桜が見られます。今年の桜はきれいだなと、日本の桜を思い出していました。若葉が開く前に、薄いピンク色の花が満開になったのです。樹木の芽が閉じたままであるのは、春が早く来て良い天気なのに、放射冷却で夜間の気温が零度前後まで下がる日が続いたからなのでしょうか。なかなかマフラーや手袋が放せませんが、青い空を背景に桜やアネモネの花が満開に咲く美しい風景を毎日楽しんでいます。


満開の春の花黄色いアネモネ
3月の最後の週末に、一時間だけ時計の針を戻して、夏時間に替わりました。朝の目覚ましが鳴る時刻には、空には朝焼けの色が残っています。夕方は8時を過ぎても明るくて、仕事を終えた後でも森でサイクリングやランニングが楽しめます。今週末はキリスト教の復活祭。北欧では復活祭の頃に、やっと草木の芽が吹き始めて、自然の生命の復活を見て触れて感じられます。

夏が終わり北風に枯れ葉が舞うようになると、活き活きと輝いた風景の色がひとつずつ消えていって、土と樹木の幹の色だけが残り、しかも空の太陽の光は灰色の厚い雲に遮られて大地には届かず、暗くて寒い月日が半年以上も続きます。全てのものは雪と氷に覆われて、ところどころに枯れた草が突き出しているだけのグレートーンの世界には、どこかに隠れているはずの鳥や動物の気配も感じられません。

ところが、ひとつふたつとエランチスの黄色の花と緑の葉が色の無い景色に現われると、また春の訪れが待ち遠しくなります。森ではスノードロップの花が咲き終えると、溶けた雪に代えてアネモネの花が地面を白く覆います。この頃には、鳥達の巣作りと子育てが始まります。背の高い樹木のてっぺんにはカササギが丸い巣を、水辺には白鳥が大きな巣を据えました。


アネモネの花
今年もまた春の到来です。樹木の芽が膨らみほどけて、若葉で景色は緑色に染められていきます。空には輝く太陽、地面には色とりどりの花。冬を耐えた生命が蘇り、鮮やかな季節がめぐってきました。素晴らしい自然の営みをあらためて思って関心し、感謝したくなりました。しかし、それを当然のこととして、自然に任せたままにして、私たち人間の暮らしに都合の良い生活を続けてもよいのでしょうか。灰色のどんよりとした雲が切れて、暖かい晴れの青空の日が来ることは、本当に当然なのでしょうか?

美しい春を迎えてうれしくなって、風が少し強かったけれども自転車で、我家から12-13kmのところにあるルイジアナ現代美術館へ。彫刻のある庭園は淡い緑に色づいていました。ここでは人の手で創られた建物や石彫が、雑多に繁る草や樹木と調和しています。この空間がそうであるように、私たちは四季それぞれの自然の営みが昔と同じように、そして今も未来も続くように、自然と環境を配慮して、自然と調和する社会を目指す必要があるのではないでしょうか。


ルイジアナ美術館
復活祭の週末は晴天で気温も上昇するという予報です。ハチの家族を世話をする養蜂シーズンが始まります。





投稿者:福田さん  カテゴリー:
2014年4月17日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.