窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

若葉色の街をぬけて


今年の春は3週間早いのだと、地域の養蜂家組合の講習場で、会長さんは養蜂箱にあふれるほど多くのハチの点検をしながら、教えてくれました。桜の花が開花したのが一ヶ月ほど前、美しく満開に咲いた後、4月末の雨と風ですっかり散って、5月の今、遅咲きの桜が満開に。大きなモクレンの花や、リンゴやナシの白い花も咲き始めています。

もくれん大きなモクレンの花


リンゴの花リンゴの花


春が訪れてから、たくさんの樹木の枝の間から見えていた空が、少しずつ緑色に塗られていくのを、毎日ながめていました。もう枝の間から空はのぞけません。樹木は新鮮な若葉ですっかり包まれています。広場や街路のマロニエや菩提樹、森のブナやナラなどの、たくさんの枝には新しい葉が開きそろって、街も森も薄緑色の風景です。

緑いっぱい

デンマークが若葉に包まれる5月は自転車通勤月間です。5月はちょうど暖かくなって自転車で走るのが心地よいのと、天候が安定して雨が少ないことで、夏にかけて自転車での通勤や通学を始めるのに適しているのでしょう。毎年、全国の職場で自転車通勤キャンペーンが催され、多くの人が冬をガレージや物置で過ごした自転車を整備して、いつもなら自家用車や電車やバスを利用する通勤を、少々遠距離でも頑張って自転車通勤に挑戦します。

同じ地域に住む職場仲間の自転車通勤グループをつくって、毎朝集合場所から出発する職場もあるようです。平坦な土地のデンマークでも、氷河が溶けて流れ出した大量の水が削りだした大地には、大小のなだらかな起伏があって、自転車で走ると地形が身体中で感じられます。自転車競技選手や趣味のサイクリスト達には良く知られている急坂の近くに住んでいる知人が「せめて坂の上か、坂を越えた地点にしてくれれば良いのに、急坂の下が集合場所。それを決めたグループのリーダーは一年中自転車通勤していて慣れているから良いかもしれないけれど」とこぼしていたのを、毎年5月の自転車通勤月間が始まると思い出します。


自転車通勤キャンペーン


12世紀に大漁のニシンを水揚げして売買する港街として築かれたコペンハーゲンは、海辺の全く平坦な土地ですから、自転車利用は容易で、雨が降っても寒い冬でも、自転車通勤や通学が一般的です。さらに近年は市街を通行する車両が増えて、朝夕には幹線道路が渋滞しますから、自転車が最も速い移動手段です。

もちろん、自転車通勤や通学が可能なのは、ほぼ100年の歴史ある自転車専用レーンや自転車道が整備されていて、自転車走行の安全性が確保されているからです。ところが最近は、趣味のスポーツサイクリストと歩行者または自転車と一般車両の接触事故が増加して問題になっています。ほとんどの場合、サイクリスト達が自転車専用レーン上や森のマウンテンバイク・ルートで走行中、周囲の人々や車両あるいは状況への配慮を怠ったことが事故の原因です。さらに、自転車走行中のマナーが悪いことも問題視されています。

自転車道や自転車専用レーン、そして、森のマウンテンバイク・ルートは自転車の走行のために設けられた公共施設ですが、そうではあっても全ての人に開かれた公共空間の一部に過ぎません。サイクリスト達にはスポーツのために利用できる権利がありますが、他の自転車利用者や歩行者も同等の利用する権利を持っているのです。さらに、スポーツとして自転車走行をするのであれば、スポーツ人として心得て公共施設を利用するべきではないかと、自転車暴走族に出会うたびに思うのです。



若葉の薄い緑の風景のあちらこちらに、たくさんの種類の様々な花が色とりどりに咲き始めました。ハチ達は蜜と花粉を集めるのに大忙し。明るくて爽やかな季節がめぐってきました。


ライラック






投稿者:福田さん  カテゴリー:
2014年5月 9日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに来て早17年。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.