窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

永遠の街、愛の街


北イタリアにあるヴェローナという町はそれ自体が世界遺産の街。 小高い丘から眺める街は本当に美しいのです。景観は大切だなとしみじみ思います。 シェイクスピアのロミオとジュリエットの舞台ともなったこの街は愛の街、と言われてます。 いつでも混んでいるジュリエットの家とバルコニー

veronagiuveronaG

夏のヴェローナの魅力はやっぱり野外オペラです。それは紀元1世紀の建造物アレーナと呼ばれる闘技場で行われるのです。 楕円形の闘技場で、昔は平土間の所に砂が敷き詰められていた事からラテン語の砂という意味のアレーナと呼ばれていました。 人間対人間、人間対猛獣等、血が流れるような場合でも地面にさっと染み込むために砂を敷き詰めたという事です。 そんな恐ろしい事があったなんて想像出来ませんが古代の人達の娯楽だったのです。 今は野外オペラで平和です。去年は雨ばかり降り続いたので公演中止ばかりがつづき、経済的にも大打撃を受けたという事ですが、今年は お天気続きで、大盛況だそうです。 演目が毎回変わるので舞台装置を入れ替えるのも大変です。大道具はアレーナの横にあるブラ広場等に置かれています。 これはアイーダの舞台で使う大道具ですね。野ざらしです。


piazzabraAida
veronaAida
PiazzaBra

アレーナは1117年の巨大地震で外側が崩れてしまいました。崩れた大理石は他の建造物に再利用されてしまったそうです。 だから一番美しかった外壁は今は見る事が出来ません。ピンク色の大理石はヴェローナで採れる物なのでヴェローナと呼ばれています。 色が濃いほど高価な物です。頻繁にアンモナイトの化石が見えます。 道を歩いていてもほら、こんなふうです。


アンモナイト

古い物と新しい物が共存できる街はいいなって思います。





投稿者:上山さん  カテゴリー:
2015年8月17日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.