窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

太陽の光を待つ季節


 
緑の12月
緑の12月

もうクリスマス。そして冬の到来。今年の11月はデンマークの観測史上で月間平均気温が最も高かったそうですが、11月末に冬の訪れを告げるように、北風が吹いて雪になりました。その一週間後には、温かい西風が嵐となってデンマークを通過し、高波と大雨のために海岸や河川沿いでは洪水になったり、強風のために建造物が崩壊したり、樹木が倒れる等の被害が出ました。昔はデンマークには大きな自然災害が少ないと言われましたが、ところが過去15年ほどの間に、秋から冬の初めにデンマークを通過する大きな嵐が増えています。大西洋の水温が高いと嵐が発生するらしく、地球温暖化が原因のひとつであることは間違いないようです。

 
強風で倒れた木
強風で倒れた木
 
パリで開催されたCOP21(第21回国連気候変動枠組条例締約国会議)では12月12日に、途上国を含む全ての国が温暖化防止に努めることを約束しました。史上初めてだそうです。そして地球上の全地域の195カ国が参加する2020年以降の新たな温暖化対策である「パリ協定」が採択されました。世界的な温暖化対策が設けられたのは、1997年の京都議定書以来18年ぶりです。2009年にコペンハーゲンで開かれたCOP15でも、世界的な温暖化防止対策の要綱が提案され、合意に向けて議論されています。しかし、アメリカや中国、そしてアフリカやアジアの諸国からの賛同が得られませんでした。それから6年を経て、今年パリにて協定の採択に至りました。アメリカでの度重なるハリケーンや竜巻、森林火災などの自然災害や、中国の深刻な大気汚染の原因は、温暖化促進物質の大量な排出であり、対策が必要であると、それぞれの国の表明もありました。また、アフリカの枯渇と砂漠化や南アジアの洪水もまた、地球温暖化によるもので、各地域の国々は、自国の問題解決のためには世界的な協力関係が必要であるという姿勢を示しました。
 
先進国も途上国も、1997年の京都で、あるいは2009年のコペンハーゲンで、地球の存続を尊重したうえで自国の発展を求めようと議論をしていたら、相次ぐ自然災害や産業活動のもたらす公害や事故が、今日の私たちの日常生活に影響を及ぼすようにはならなかったのかもしれません。12日に歴史的な協定が採択されたのには感動しましたが、気候や環境への配慮が地球上の全ての地域の諸国に受け入られるまでに、あまりにも長い年月を経てしまったことは残念に思いました。人は自分で体験してみなければ、他の人の痛みは分からないのですね。

 
水面には薄らと氷
水面には薄らと氷
 
11月末に雪が降って、緑の秋から一変して冬景色へ。白い雪から「ホワイト・クリスマス」と家族とともに温かく過ごす休日を連想して、楽しい気分になりましたが、残念ながら、雪は嵐の大雨で溶けてしまいました。けれども、12月は暦では冬の始まり。気温が氷点下になる晩もあって、翌朝は明るくなると屋根が霜で白い冷たそうな景色が窓の外に現われます。道路面の凍結はもちろん、水たまりには氷が張っています。城跡の堀の水面も薄ら凍って、中央に立つ教会の姿が氷面に映っていました。
 

街の広場のクリスマスツリー
街の広場のクリスマスツリー
 
そして一日ずつ明るい時間が短くなって、冬至が近づき、街にも住宅の庭先にも、たくさんの小さな光のクリスマスの飾りが、早く訪れる宵闇に輝いて、美しい景色を描いています。華やかに飾られたショッピングセンターには、プレゼントの買物に来た多くの人々。クリスマスツリーの販売も始まって、いよいよ待ち遠しいクリスマスまで、あとわずかです。
 

クリスマスツリーの販売
クリスマスツリーの販売
 
12月は特別に家族や友達を思うとき。充実した年末と、そして、豊かな新年を。
 



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2015年12月18日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.