窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

ゆく年へ、ありがとう。来る年へ、よろしく。



冬の青い空と海冬の青い空と海


12月のヨーロッパは、どこの国のどの街でもクリスマスを待つ楽しい行事や催しが盛りだくさん。デンマークでも待降節(アドベント)の第一日曜日に広場に立った大きなクリスマスツリーと、商店街の豆電球の飾の光が灯って、午後早くに夕闇に包まれる街は華やかに明るくなりました。職場や家庭では、待降節の4週間を表す4本のろうそくにモミの枝や松笠やリボンなどあしらった飾を、人の集まる部屋のテーブルの上に。日曜日ごとに一本ずつ灯されるろうそくが増えて、待降節の第四日曜日に4本のろうそくが灯されたら、クリスマスまで1週間を残すばかり。誰もがプレゼントやご馳走の買い物で大忙し。家族の集まる楽しい休暇を前にそわそわし始めます。

森さんや上山さんのお住いのテュービンゲンやミラノでも寒いのですね。もう11月に雪が降って氷点下の日があったデンマークでは、暖かくなったり寒くなったりしながらも、本格的な冬に向かっているようです。夜間凍結の翌日には池や湖の水面に氷が張って、ぽっかり氷に穴が開いた小さな水辺に、白鳥の親子もカモもクイナも集まっています。ここ数年、デンマークでは暖冬が続いていましたが、この冬は例年より寒くなるという予報です。


青空を映す水面の氷
青空を映す水面の氷


そういえば、ここ数年は11月と12月に異常気象が原因だという大きな嵐がデンマークへ来ていましたが、今年はありませんでした。デンマークは昔から、冬季の寒さは厳しくても、大きな自然災害のない比較的穏やかな風土でしたから、人々も社会も強風や大雨や高潮に慣れていません。1999年12月の嵐では大きな街路樹が倒れて電線を寸断し、各地で長時間の停電を体験しました。人口の多い首都圏の自治体では、その後2-3年で電線や電話線を地下ケーブルに変えました。2年前の10月と11月にデンマークに押し寄せた2つのとても大きな嵐は、高潮を伴い、海岸の堤防が決壊し、周辺の住宅地は広い領域で洪水になりました。当時、床上浸水の被害を受けた住宅地域では、未だに洪水回避の対策が検討中の自治体もあって、大雨が予報されるたびに、市民の不安の様子が報道されています。

私の住む自治体でも、2年前の嵐で海岸の一部で堤防が崩れて、海岸沿いの通りは通行止になり、周辺の地域が洪水になりました。自治体では元の堤防を見直したのち、将来的な気候の変動に対応しうる堤防の設計を検討しています。もちろん、被害のあった直後には通りの応急処置がありましたが、堤防の工事は長期に及びました。行ってみると、自転車道と歩道の海側のアスファルトの広さが以前の2倍ほどになっていました。バス停にベンチと屋根が設置されて、海岸に訪れる人々のための駐車場も広く設けられています。堤防が強くなった上に、市民へのサービスも向上して、一石二鳥の工事になりました。


改善された堤防
改善された堤防


気温は1℃と聞いていましたが、青空が広がっているので、海へ来ましたが、風もなく、心地よいほどです。よく晴れてデンマークとスウェーデンの間にあるヴィーン島がくっきり見えます。マリンハーバーでは港湾入り口周辺の堤防の工事中で、建設機械が作業をしています。


ヴィーン島
ヴィーン島



太陽は空の低いところにあっても、明るく温かい光を放っています。海岸から街までは新しく開通した自転車道をたどって。日光を浴びて走っていると寒さを感じませんでしたが、樹木の根元には落ち葉が昨夜の霜に凍ったままで、気温は氷点下に近いことを思い出しました。街の大通りに出たら、夕日が傾き始めて、さすがに頬に当たる空気は冷たくなっていました。


冬の太陽と
冬の太陽と



街のあちらこちらのクリスマスの飾りが輝いています。暗くなるのが早くなってきたけれど、それもそのはず、冬至まで10日あまり、もうすぐクリスマスです。また一年が巡って、新しい年を迎えます。楽しいことも悲しいこともあったけれども2016年とは「さようなら」。いろいろな出来事のなかで、励ましの声をかけてくれた人、手をさしのべて助けてくれた人、経験をともにした人に「ありがとう」の言葉を。そして、2017年に笑顔で「こんにちわ」。

広場のクリスマスツリー
広場のクリスマスツリー


エコブログの読者のみなさん、関係者のみなさん、今年もおつきあいありがとうございました。来年も、どうぞ宜しくお願いします。





投稿者:福田さん  カテゴリー:
2016年12月 9日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに来て早17年。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.