窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

春はそこまで


毎年恒例、ドイツ、フランクフルトで開かれる家庭用品の見本市、アンビエンテに行ってきました。
何度行っても驚きです。何がってその規模の大きさです。また新たに増設中の所もあって、来年、そちらも見学しなければならないと思うと、楽しみでもあり、恐ろしくもあります。
歩く歩数はほぼ毎日だいたい2万歩、毎回、ローラーブレードで行きたいとかキックボードで廻りたい、なんて出来もしない事を思うのです。何度も経験しているため、毎朝、靴を履く前に足にテーピングをします。
なんか、バレリーナになった気分です。それが無いと、2日目で足の裏に大きな豆がいくつも出きて歩けなくなってしまうのです。
今年も6日間、ちゃんと乗り切りました。

館内は撮影禁止です。やはり、好き勝手な撮影を許可すると、一週間後にコピーが出回る、と言われているので、彼らにとっては死活問題なのでしょう。

歩くのに疲れた人達に優しいお菓子の無料提供があったり、生ジュースの試飲があったり、でも、そんなものではなかなか癒されません。ホテルの近くにあったタイマッサージの店は期待したのにホテルに帰る頃には閉まっていました。

見本市会場の中に一つそういう場所を設けるといいですね。


見本市0455
お昼時になると料理人が来て、お客様に料理を振る舞います。
もちろん自社の製品を使ったりして、楽しく実演です。

Amb457
日本の包丁メーカーは毎年、寿司職人を招いて握りたての寿司を提供します。
私、一度も食べた事がありません。買わない人は食べては行けませんよね(笑)
でも、お腹がすいてる時間に色々なところから美味しい臭いが漂って来て、それはそれは辛い思いをするのです。
そんな時は会場の外に出て深呼吸。近くのモールのフードコートのようなところに繰り出して食事です。
自分の好きなものを選べるから良いですね。向かうはアジア料理、疲れた身体を癒してくれました。

ミラノとちがって、物価が安く、日用品等や食料品の買い物が楽しいです。でも、なかなかそういう時間はありません。
街中の視察の時に、小さな市場に行きました。
それはもう、活気に満ちていてホテルにキッチンがあればなぁって溜め息が出てしまいました。


市場0411市場416市場の食477P1240420
地下に生け簀がありました


市場の食477
長蛇の列、何かしらと思ってみると、パンとソーセージとキュウリの酢漬けだけを売ってるお店でした。
次回、チャンスがあれば食べてみたいです。


市場0414
こんなに沢山ぶら下がっているソーセージなど、売れ残る事は無いのかしら、
よけいなお世話ですよね。
 
次回は市場でしっかりと買い出しをしてからミラノに戻ろうと思います。


雀0445
暖かい日だまりには雀が沢山ひなたぼっこをしていました。
もう、少しで春ですね。


投稿者:上山さん  カテゴリー:
2017年2月28日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに来て早17年。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.