窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

グリーンティーリズム in 水俣


またもや飛び歩いている日本の道ばたから、こんにちは。

来日した友人と2人でジャパン・レール・パスを使いこなし、桜のつぼみを横目に2週間バッタバッタ走りまわっていましたが、やっと東京(千鳥ヶ淵など)でお花見をすることができました。
ドイツでも桜は見られるのですが、日本の、一面に咲き誇る桜は迫力が違います。
とは言え、山の中にポツンポツンと咲く山桜も、美しいなぁ、と思いますが。


上山さんもお花見に帰ってきていたのですね!
花見をする人見もしましたか?大人気の千鳥ヶ淵も、面白かったです!
DSCF9768
桜のメインシーズンが終わり、友人もドイツへ帰り、一人になったところで、前回にも増してバタバタ、1週間のジャパン・レール・パスを使い、見落とした所を旅しよう!と九州へ出掛けました。
九州からあっちへ行って、こっちへ行って・・・と予定していたのですが、「水俣から始める」なんて無謀なことで、わたしの計画性のなさに呆れてしまいました。

初めて水俣に出会ったのは、ずいぶん前になります。
人生で最も敏感な時期、高校を卒業し、学校という小さな世界から、社会や世界に視野を広げる、二十歳の頃。
そんな良い時期に水俣と出会わせてもらい、今のエコだなんだと考えるわたしがいるのですが、生まれは水俣でなくっても、この地を訪れるたびに「里帰り」の気分を味わっています。
そんな水俣へ着いたが最後、囲炉裏にいぶされ、お茶に飲まれ、携帯も圏外になり・・・と時間を忘れ、のんびり滞在を延ばしに延ばし、やっと7日目に関西へ移動することになってしまいました。
まあよく考えてみれば、これぞ『エコ・ティーリズム』なのかもしれません。
急げ急げと張り詰めていた身も心もリセットされた1週間でした。


そこら辺で採れる山菜を集めてみる。
山椒、タラノメ、ワラビやヨモギなど、食べてみたいものを選択して、天ぷらに。
わたしはドクダミ天ぷらにはまりました!
DSCF0813
今年は4月下旬でもまだお茶摘みシーズンに入っていなく、子供たちと久しぶりに鬼ごっこをしたり(次の日から、筋肉痛で凄いことになり、もう二十代ではないんだなぁ、と身を以って感じました)、山菜採りやタケノコ掘りを楽しんだり、美味し〜い御馳走をいただいたり・・・と、のんびり流れる時間に包まれる水俣。
お客様を迎える日には、孟宗竹(モウソウダケ)でお皿やコップを作り、御馳走にする山菜集めを。
囲炉裏では「タカンポ(竹かんぽう)」で焼酎を温め、イノシシ肉やシカ肉を焼き、コメはお茶で炊いてみたりと、料理にも反映される遊び心にときめきました。


モウソウに花を生けてみる
DSCF0795
囲炉裏端の御馳走。豪華に採れたて山菜天ぷら!
ドクダミ天ぷらは最高でした!
DSCF0863
ほうじ茶おにぎりに山菜天ぷら
DSCF0830
日本ツアーを企画する仕事を昨年引き受けたからには、下見をしなくては!と自費でそこら中飛び回っていますが、(金にはならなくとも)良い仕事につけたものだ、と思います。
「自費で良いのですか?!」とよく訊かれますが、個人経営の小さな会社だし、そこそこやりたいようにやらせてもらえるし、どうしようも無いのでは、と思っています。
しっかり黒字になった日には、相応のお支払いはいただこうと思いますし、プラス・マイナス・ゼロぐらいであろう今回は、『自己投資』と考えることにしました。
お金を出してもらっていない分、一応気楽に・自由に自分なりの「下見旅行」ができるのも嬉しいですし。

それに上山さん!ワーイワーイ!そうなんですね!
下見ツアーも、ジャパン・レール・パス有ってこそ出来ることなので、嬉しいです!!
でも、ジャパン・レール・パスの情報はどこに載っていましたか??


奈良のあるお庭で見かけた・・・瓦のリユース
DSCF0961
水俣を7日目に出発し、大阪へ。
そこからまた、行ったことのない小豆島へ向かいました。
神戸三宮に着き、小豆島行きジャンボフェリーの出港する港までのバスに乗り、出発を待つ間、今からフェリーに乗って行くのだなぁと考えていると、なんでしょうね、胸がドキドキ・ワクワクしてきました。
もちろん、船を使わないと行き来できない暮らしには、不便もあるのだと思います。
でも、陸続きではないことにより、今現在、私たち陸人が忘れてしまっていることも、たくさんあるのではないかと思います。

そんな小豆島のショート・トリップはまた次回、ご報告させていただきます。
皆さまはどんなゴールデンヴィークを過ごされましたか?





投稿者:森さん  カテゴリー:
2017年5月10日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに来て早17年。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.