窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

ひとあし先に


 
IMG_0351ひとあし先に秋.JPG
日本よりも、上山さんのお住いのイタリアや森さんの居られるドイツよりも、一足先に北欧は秋を迎えました。天気予報によると、晴れ時々雨で気温は16-17℃の日が続いて、「昨年の9月には30℃にも達する日があったけれども、今年は期待できない」そうです。夏日と言われる25℃以上の日が2-3日、低温で雨が多かったので、昨年は30℃もの暑い日があったなんて、すっかり忘れていました。晴れの日が少なかったためか、庭の青リンゴの実りは遅めで、大きくても甘くなるまで、もう少しです。

 
IMG_0359青リンゴ.JPG

今年の夏はヨーロッパのどの国でも、とても暑くなったのに、どうしてデンマークでは雨降りばかりなのだろうと不思議でした。南欧からの暑い空気と北欧のノルウェーやスウェーデンからの冷たい空気がデンマーク上空でぶつかって、雨が降ると気象予報士の解説を聞きました。南からの高気圧が強まると、晴れて暑くなるのですが、今年は長続きしなかったので。そして今は、アメリカのテキサス州ヒューストンに大きな被害をもたらしたハリケーンが、北上して勢力を弱めた後にデンマークに達して大雨を降らせました。雨雲は国境を自由に越えて、地球上の広い範囲で雨になるのですね。
 
雨は降っていても仕方なく出かけると、ツバメが低空飛行をしながら餌の小さな昆虫を捕まえているところを通りかかりました。雨宿りを兼ねているのか、大きなマロニエの樹木の下で、飛んでは素速く旋回していて、そのうちの一羽と危うくぶつかりそうになりました。秋が深まる前にアフリカへ旅立つ準備中でしょうね。マロニエの葉は黄色に衣替えを始めています。


 
IMG_0356マロニエの葉は黄色に.JPG
 
大西洋のハリケーン、インド洋のモンスーンや太平洋の台風の影響で、今年はアメリカやアジアの多くの諸国で洪水や土砂崩れなどの大きな被害が出ています。そうかと思うと、雨が降らずに大地が枯渇し砂漠化している地域も増大しています。近年の異常な気象は、南米のアマゾンの熱帯雨林の急速な減損が原因の一つであるとも聞きました。また、インドネシアの熱帯雨林も伐採と開拓が進んでヤシ油を採取するためのヤシ林に姿を変えて、気象への影響だけでなく、オランウータンや他の動物たちの生息地が消滅したことも大きな問題になっています。
 
地球上で昔から、人々は森林や原野を開拓し、土地を耕して生きてきました。やがて農地だけでなく住宅地あるいは工業や商業の用地への転用もあり、天然の生態系を営む地域は縮小し、現在もますます小さくなっています。ある国の特定の地域の一つの業者が事業を営むために森林や原野を利用する時に、多くの樹木の伐採や草地の開拓が、地球全体の気象へ負荷を与えるとは想像も及ばないでしょう。それどころか、広い範囲の緑地消滅による生息する動物への影響や周辺住民の環境の変化への配慮も怠りかねません。
 
私たちのすべての活動は環境に影響を与えています。極端に言えば、自分の身体から出る二酸化炭素が大気に混ざって地球の温暖化へつながっています。ですから、二酸化炭素を吸収してくれる草木を育てることは大切です。さらに、緑の葉は吸収した二酸化炭素を光合成を介して酸素に変えて、私たちに与えてくれます。酸素は私たちの生命の維持のために重要ですから、たくさんの草木があると良いのです。家にも、街にも、国土にも、国境を越えた大陸も、たくさんの草木を植えて、全地球上を緑の葉で覆わなければなりません。
 
やっと雨が止んで散歩に出ると、ツバメの姿はなくて、代わりにたくさんのトンボが飛んでいます。公共施設の古い西洋カリンの枝には大きな実がたわわになっていました。

 
IMG_0358セイヨウカリン.JPG
 

通り過ぎた雨雲に乗って夏は去ってしまったようです。雨上がりに秋の気配が立ち込めています。

 
IMG_0353雨上がりに.JPG



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2017年9月13日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに来て早17年。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.