窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

憲法記念日



IMG_0545みどりの森.JPG
デンマークの初夏はブナの若葉の淡い緑色。ところが今年は春の桜に続いてリンゴやナシが咲き始めた頃から、気温が急上昇。ずんずん若葉は成長して、街も森も濃厚な緑色に染まりました。暖かくなったら海や湖沼の水面に黄色の膜が張って、果たして藻なのか水質汚染なのか、奇妙に思ったのですが、実は針葉樹の花粉だと報道があって一安心。好天続きで、針葉樹の開花が早かったのだそうです。


IMG_0530花粉の浮いた池で白鳥が子育て.JPG
5月の晴天の時間は363時間に達して、1920年以来の観測で最長時間の記録になりました。今までの5月の最長記録は2007年の347時間、平均では145時間ほどなので、今年は本当に晴れの日に恵まれているのです。

旧い住宅地では大きな針槐の花が満開になりました。針槐がこれほど立派に花を咲かせているのは見たことがありません。


IMG_0533大きな針槐の樹.JPG
白い房状の花でいっぱいの樹木を枝の下から見上げていたら、ミツバチが甘い香りに誘われてやって来ました。花の蜜は美味しい「アカシアの蜂蜜」になるのです。


IMG_0532針槐の花.JPG
気温も上昇して、20℃以上の日が5月だけで21日。そして5月の月間平均気温は、1874年以来の観測史上で最高の15℃を記録。1889年5月の平均気温13.8℃の最高記録を更新しました。通年の若葉の5月の月間平均気温は約11.5℃ですから、今年は特別な初夏になりました。

けれども最高気温の29.6℃は、観測史上の最高記録である1892年の32.8℃には届かずに、記録更新にはなりませんでした。昨年は雨の多い冷夏で20℃以上の日が1年間に10日しかなかったのに、今年はもう5月だけで21日間、そしてまだまだ夏が続いています。

青空には雲ひとつなく、気温は25℃を超えて、人々は水辺へ浜へ森へ。海辺の別荘に出かける人も多く、住宅地はまるで夏休み中のように人影が少なくなりました。6月5日はデンマークの憲法記念日、カレンダーには祭日の印がなくて、工事現場では職人さんたちが働いているし、集合住宅の管理人さんは朝から庭の芝刈りです。けれども、公共自治体も学校も企業も商店も休日でした。国家の民主主義政治と国民の基本的な権利を守る憲法の発布を記念して祝うために、公共団体や労働組合が設けた休日なのでしょう。全国各地では民主政治に関する催しが各政党によって開かれたようです。

連日の晴天で、気温は27℃、28℃、29℃と、毎日少しずつ暑さが増したのですが、憲法記念日には風向きが東に変わると、日中の気温が25℃ほどにおさまり、心地良い日になりました。そこで庇の大きな帽子をかぶって、サングラスをして、海辺の様子を偵察。浜に近づくと、たくさんの人がタオルを手にしています。徒歩で、自転車で、海へ向かう人、ひと泳ぎ終えて帰る人。海岸には、港にも海水浴場にも、街のすべての人が来ているのではないかと思うほど、たくさんの人です。子供も若者も、高齢者も、家族連れもいます。これほど多くの人々が、誰も満面の笑顔です。


IMG_0538港で.JPG
青い空に太陽がまぶしく輝いて暑い日に、碧い海の冷たい水に飛び込んで、楽しくて笑顔がこぼれてしまいます。たったそれだけなのに、幸せなのです。街中のすべての人が受け取っても、余りあるほどの幸せの素を持っている自然は、本当に大きいのだと思いました。


IMG_0543青い空と碧い海.JPG
私も、昨年は夏が短くて海で泳ぐ機会がなかったので、今年こそ。

デンマークでは今、ニワトコが満開です。

IMG_0535ニワトコ.JPG



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2018年6月12日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、旭硝子のショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.