窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

紅や黄色に



デンマークでは明るい時間が短くなりました。朝は、目覚まし時計が鳴るときに窓の外が暗く、そして午後は、夕飯の食卓について間もなく暗くなります。ついこの間まで、夜は8時頃まで明るかったのに、秋分の日を過ぎたら、どんどん日の出が遅くなり、日の入りが早くなっているのです。朝晩の外出には自転車用の小さなライトが必要になりました。


秋分の日を過ぎて
IMG_0418 秋分の日を過ぎて.JPG

大西洋から嵐がデンマークを駆け抜けた後、空気が変わりました。マフラーをして、温かいコートを着て、帽子をかぶって、手袋をつけて外出です。「もう夏は遠のいて、秋になったね」と、会う人ごとに言葉を交わします。そして、風景が秋の色に染まりました。


季節の色に
IMG_0417 季節の色に.JPG

10月は収穫期。夜間に霜が降りる日は、もうすぐそこ。その前に急いで収穫された農作物が、店先に並べられています。採りたての新鮮なデンマーク産の野菜や果物がいっぱい。イタリアのトマトも、ドイツの葉野菜も美味しいけれど、デンマーク国内の農場からの野菜や果物は、輸送トラックに載せられて揺られた時間が短いから、疲れも少なく元気なのです。

地元の産物は輸送にかかるエネルギー量が少ないので、はるか遠くから運ばれてくる産品よりも地球への負荷が小さく、より「環境に優しい」のだそうです。ときどき買い物中に、遠くの国(南アメリカやアフリカあるいは中東)で生産された有機栽培の野菜と、デンマーク産だけれど有機栽培ではないものと、どちらが「環境に優しい」のかと考えることがあります。考えても解決できないので、しかたなく鮮度や大きさや価格を見合わせて決めるのです。

もちろん、地元の有機栽培の産品があれば、もっとも良いのです。そのうえ、地元で農薬を使用せずに栽培された農産品を買うことで、飲料水になる地下水の汚染を防ぐことに貢献できるのだそうです。デンマーク自然保護協会は「収穫の秋」に併せて、地下水汚染を防ぐために効果的な有機栽培農産物の購入を勧めるキャンペーンを実施中です。10点の有機栽培の農産物を挙げて、農薬を使った従来の産品に比較して、どれほど地下水汚染に貢献できるのかを紹介しています。

有機栽培の人参1kgで地下水量20リットル、有機ジャガイモ1kgで地下水量60リットル、有機玉ねぎ1kgで地下水量100リットル、エコ・チーズで地下水量1000リットル、エコ・牛乳1リットルで地下水量200リットル、エコ・卵1個で地下水量75リットル、エコ・豚肉1kgで地下水量2000リットル、エコ・鶏肉1kgで地下水量1000リットル、エコ・オートミール1kgで地下水量680リットル、エコ・小麦粉1kgで地下水量300リットルの地下水の農薬汚染を防ぐことに貢献できるのだそうです。

紹介された品目10点は、どれも日常食品。卵一個をエコに代えただけで75リットル、牛乳1リットルで200リットルもの地下水の汚染を防ぐことができるとは。数字で貢献度の表示があると関心が高まります。これからは、地下水汚染防止を意識して、地元の有機産物を選びたいと思います。


霜が降りる前に
IMG_0414霜が降りる前に.JPG

明るい季節には陽光で充分温まった室内でしたが、日没後の時間が長くなったら夜間は冷えるようになって、暖房が必要になりました。ウールのセーターが心地よい朝、厚い雲の間からのぞく陽光を受けて、赤や黄色の葉が輝く美しい景色がありました。


赤や黄色に
IMG_0419 赤や黄色に.JPG




投稿者:福田さん  カテゴリー:
2018年10月 9日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.