窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

TüBus ー土曜日には、テュービンゲンの市バスに乗ってお出かけを



今年の11月は、例年より暖かく過ごしやすいのですが、寝ても起きても薄暗い季節になってきたテュービンゲンから、こんにちは。


今月は、まるで『ゴールデン・ノーヴェンバー』。橋の上を走るのはTüBus
CIMG3087.JPG

ペーパードライバーとして、雨でも雪でも凍っていても、自転車を漕いでテュービンゲン内を移動するのですが、毎年11月は雨が多いから、と今月は特別に市バスの定期を買ってみました。

テュービンゲンの市バスTüBusは、毎日約340kmの交通網を、380の停留所を67台のバスが周り、約5万人が活用しています。
使う時、定期がない場合は、さまざまなチケットを使い分けています。
通常、乗車1回につき2,30 € かかるのですが、いつでも使える4枚チケット(8,30 €)や1日乗車券(4,10 €!)、グループ1日乗車券(5人までO.K.、10,20 €)など、ずいぶん節約することもできます。
今月、お試しで購入してみた定期は『9時・定期 (9-Uhr-Monatskarte)』。
通常の定期と比べ約10€ 安く、39,10€。
平日は9時以降、土曜・祝日はまる一日使え、夜19時を過ぎれば1枚の券で5人までバスに乗ることが出来ます。

19時以降に限定されるのは、「通勤ラッシュアワーを和らげるため」なのだと思い込んでいたのですが、どちらかといえば「通学ラッシュ」を避けるためなのだそうです。


You Tubeでの紹介も載せておきますね。テュービンゲンの雰囲気はちょっと体験できるかも^^


TüBusって日本にはない形ですよね^^
 いろいろなTüBusはこちらで(環境に配慮したハイブリッド車も)、TüBusの歴史もありますよ
TuBus.jpg

TüBusは今年2月から『土曜日・テュービンゲン無料バス』を実験中です。
(土曜日の0時から日曜日の朝5時まで)
その背景には、町の中央駐車場(乗用車約320台収容可能)の改装が2月から始まり、20ヶ月は掛かるので、その間、どうすれば利用者にも町にも負担が少ないか、という議論がありました。

そして、特に買い物客が多い土曜日に、普段はバスを利用しない人にも、できるだけ乗用車ではなくバスを使ってもらうことによって出てくる効果がどのようなものか、この際実験してみよう、ということになったのです。

この実験が始まった2月・3月には「バスのタダ乗り!雨の土曜日にはテュービンゲン・バスツアーしよう!」なんてテュービンガーは言い合ったものです。
それ以来、土曜日にバスに乗ると大抵混んでいて(テュービンゲンの『混み』は、ほぼ満席・数名立っている、という、東京の人に言ったら笑われてしまう程度ですが)、宣伝効果もあるように感じます。

もし期待されるよう、多くの人が乗用車からバスに乗り変えれば、二酸化炭素排出量も減り、町の空気も良くなるし、今までバスという手段を考えたことなかったという人も、気軽にバス移動を試すことが出来ます。
試してみて味を占め、利用者が増えるのではないか、とも期待されていますが、結果が楽しみです。


11月11日の聖マルティン祭に始まったクリスマスの季節。
これからSt.Nicolaus市、chocol'Art(エコ日和2016年12月:http://www.ecoglass.jp/new_ecoblog/2016/12/post-277.html)、それにクリスマス市がテュービンゲンの町中で開催され、賑やかになり、ゆっくりとした『暖かいクリスマス時間』が流れます。


キッチンの電気傘はもうすっかりクリスマス
CIMG3106.JPG
クリスマスに向けてちょっぴり飾り付け
ティーポット・ウォーマーは寒い時期に大切なアイテム
CIMG3110.JPG



投稿者:森さん  カテゴリー:
2018年11月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.