窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

私の今年のゆくえ



みなさまそれぞれに素敵な新年をお迎えになった事と思います。今年もよろしくお願いします。
私は、年末までに引っ越しを終えなければならないという事で、引っ越し先に行く度に沢山の荷物を持って行ってたのですが、そんなものでは全く焼け石に水でした。
引っ越し業者に頼もうにも、引っ越し先は終わりの見えない工事が続き、予約が入れられない状態でした。最終的にはどこか車庫を借りて底に一時的に荷物を収納しようか等考えていました。
大きな荷物はほとんどないので、それならば自分でできるかな、、ということで、大きなトラックを借り、詰め込んではみたもののどんどん荷物が出てきて、手に負えません。
家にある荷物は信じられないほど多いのです。とうとう、タイムリミットの31日は4往復もしました。
沢山の荷物を積んで運んでいる路上で新年を迎えました。真っ暗な空にいくつもの花火が打ち上げられていました。一年の計は元旦にあり、という言葉が頭をよぎりました。
傍から見たらとっても夜逃げ風、こういうところで検問とかあったら嫌だなぁなんて、変な想像もしてしまいました。

元旦は家中段ボールの箱だらけで何がどこにあるか分からない状態。そんな中、怪我をしたのです。
箱をまたいだ時に足を取られて転んだのですが、着地方法がまずかった、膝が普通曲がらない方向に曲がったのです。その痛さ!七転八倒、人生初の救急車を体験しました。
元旦の救急病院には沢山の人がいてみんな順番待ちでした。患者それぞれに色がつけられて、赤は緊急 緑はまあまあ待てる、白は家に帰ってもほぼ問題無し、などです。
私はどこからも血を流していないので緑色、夕方5時頃着いて診察を受けたのは明け方4時頃、そして、診断結果は膝の脱臼、半月板と靭帯損傷の疑い有り、でした。
翌日朝一番できちんと診察を受けるようにということで、そのまま受付で車いすのまま朝を迎えました。
私の元旦はどこへ、、、、、そのとき既に、1月2日。結局腫れが引くのを待ってから別の検査をしましょう、ということになりました。一歩も歩けないので、病院のすぐ側にあるお店で杖2本を買いました。

日本行きが控えていたので、どうやって行こうか悩んでいましたが、荷造りも出来ない状態でしたので、ほぼ、着の身着のまま、日本では着た切り雀でいいわ、ということに。
生まれて初めてスッカスカのスーツケース、空港内は車いすで移動、日本に下りた時も同じく、車いすでした。
お世話になった空港スタッフのみなさまに感謝です。

イタリアでは素晴らしい日本人の整体師に二回施術してもらいました。日本に着いてからは友人の鍼灸師に診ていただきました。遠くからはるばる家まで往診に来てくれたのです。その施術の素晴らしさを目の当たりにして感動しました。
東洋医学と西洋医学はお互い歩み寄ると素晴らしい事になると確信しました。
みるみるうちに治って行くのが感じられるのです。すぐに控えていた友人との韓国旅行ですが、はじめ杖2本でしたが、途中から杖が取れるほどの回復でした。
杖があると両手が塞がって、写真が撮れないんですね。それがちょっと残念でした。韓国では美味しい物を食べ、ミュージカルやショーを楽しみました。素晴らしい役者達の力を身体一杯に感じました。
釜山、慶州にも足を伸ばし、世界遺産を堪能!日本語が堪能なガイドさんの説明を受け、素晴らしい文化に触れる事ができました。
韓国の別の顔を見た気がします。また行かなくては!


釜山の港近く、どこでも干物が作れます
釜山港.jpeg

世界遺産の慶州の仏国寺
仏国寺(慶州).jpeg
慶州にいくつもある古墳、これは夫婦古墳
慶州夫婦古墳.jpeg

慶州の良洞民俗村 瓶の中は味噌
慶州の良洞民俗村.jpeg

イタリアにいると、色々やらなければならない事が山積、日本にいてもそれは同じ、でも、それ以外の国にいるとそれは休暇になるのです。
今、イタリアに戻って、現実に目を向けなければなりません。役所に行かなければならないとか、電気工事の清算に、とか住民票を移すなど、様々な事に追われています。そこで出会う地元の人たちの優しさ、仕事をてきぱきとこなす姿勢に驚いています。
新年は「絶望」という文字がチラチラしていましたが ふと考えたら、良い年の始まりではないかしら、と思えてきました。
というか、私らしい年の始まりとなりました(笑)





投稿者:上山さん  カテゴリー:
2019年2月 4日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.