窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

北の海から



雨雲の切れない冷たい5月の後、少しずつ気温が上昇して、少しずつ夏が近づいています。真っ白にこんもり枝を飾っていたサンザシの花は雨に散って、風景は緑いっぱいです。街の通りや広場や庭園の西洋菩提樹には、たくさんの蕾が膨らんでいます。雨にも負けず、来るはずの夏のために準備をしていたのです。

青い空と碧い海
IMG_0223青い空と碧い海.JPG

晴れて暖かくなって、まるで夏のような日があって、そうかと思うと、翌日には早朝から終日冷たい雨という、不安定な天候が続いていましたが、デンマーク各地にある港を訪ねてきました。フェリーの就航する大きな港もあれば、漁船とヨットだけの小さな港もあります。早朝の魚市場をのぞくと、近海で獲れた魚だけではなく、大きな漁船が北海北部のノルウェー沖で獲った魚もありました。それにしても、魚の種類ごとに積み上げられ、並べられた箱が、あまりにもたくさんあるのに圧倒されました。獲りすぎて、海の魚がいなくなってしまうのではないかと心配になるほどです。

ノルウェーへ向かうフェリー船
IMG_0258ノルウェーへ向かうフェリー船.JPG

コペンハーゲン沖のバルト海では7-8年前にタラの生息数が激減して、タラ漁が禁止になっていました。ようやく2年ほど前にタラの数が安定して、漁が解禁になっています。けれども魚の生息数の減少はヨーロッパ近海全域で共通の問題なのだと、どの港の漁業関係者も話していました。EUでは領域の魚の生息数と生態系を保護するために、獲る魚の量を制限しています。さらに、漁業関係者には、魚の獲れた海域と期日、漁師と漁船、陸揚げをした魚市場や加工所などの情報の明確化が義務付けられています。そういえば、スーパーマーケットの鮮魚や冷凍の魚のパッケージに、パックされた期日と加工所だけでなく、獲れた場所と期日の表示があります。

それにしても、デンマーク人は肉料理が好きだし、しかも魚は高価でなかなか毎日の食卓には買えないし、それぞれの港で陸揚げされた大量の魚を、到底デンマークだけで食べきることはできません。実は95%以上は他のヨーロッパ諸国へ輸出されるのだそうです。北海の北部の広くて深い海に住んでいた大きな魚は、デンマークの港の大きな冷蔵庫のような魚市場へ陸揚げされて1-2時間後には、冷蔵車に乗せられて陸路でヨーロッパ各国へ運ばれます。陸揚げされてから24時間、遠いスペインでも36時間以内には消費者に届くのだと魚市場で説明がありました。

大きな漁船が大漁の魚を陸揚げする漁港
IMG_0242大きな漁船が大漁の魚を陸揚げする漁港.JPG

海に囲まれた国土に住むデンマーク人は、昔から馴染みのある魚の色や形を知っているので、近海で獲れた小さめの魚が国内向けだそうです。

坂の上の灯台
IMG_0238坂の上の灯台.JPG

終日雨が降って、強い風が吹いた翌日に訪問した魚市場では、四隅に多くの箱が積み上げられていて、たくさんの魚があるように見えましたが、「今日は魚が少ない」と市場の担当者が教えてくれました。天気が悪いと漁に出られないのです。漁に出られない日が続くと、家計に大きな影響があります。航海の設備や技術が発達する前の前世紀初めごろまで、北欧の海が厳しい表情を見せると、漁に出ても戻ることない漁船もありました。大きな自然と向き合う人々は謙虚な暮らしを営んでいたのです。

そういう、収入が不安定で、肉体労働を強いられる漁業から離れる若者が多いのだそうです。それでも、大海原を航行して、たくさんの魚を獲って港へ戻ってくるという漁師のたくましさが、地元の漁業関係者の誇りであると、どの港でも感じられました。

都会から離れた小さな漁業の街を訪ねると、おおらかで親切な人々と出会いました。海岸に寄せる波の向こうへ広がる海での仕事を伝統とする人々は、心が外からの訪問者へも大きく開かれているように思われます。

北海の厳しい表情
IMG_0232北海の厳しい表情.JPG

港の街から、もう一つの港の街まで、大きな砂の原の一本道を。砂の山のところどころには苔のような植物が生えて緑に色づいているだけで、なにもない砂地が続いています。小さなデンマークの国土に、林業にも農業にもなにものにも利用されていない地域が存在していると思うと驚きです。そして、ここがデンマーク初の国立公園に指定されたことがうなずけるのでした。

街から遠方に見える広大な砂の原
IMG_0239街から遠方に見える広大な砂の原.JPG

港の訪問を終えて、海岸を離れて内陸の大きな街へ電車で向かうと、車窓の外に、雨上がりの青空に緑の樹木が映える風景がありました。海岸の街から街へ移動した6日間、視界いっぱいに広がる海と空の風景だけが心に残っていたのです。

帰宅して緑の森を眺めながら、いつか、もう一度、あの砂原を訪ねたいと思いました。

デンマーク最北端
IMG_0222デンマーク最北端.JPG



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2019年6月 6日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.