窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

夏時間終了



ミラノでは夏時間が終了しました。
冬時間ですが日中は生暖かい日が続いています。
最近は雨ばかりです。

そのためか日本の台風のニュースを見ていると近くで起きているような錯覚をします。
被災した方々がどれだけ辛い思いをされているか、不自由をされているか想像を絶します。
水害は復興に大変な時間と労力がかかります。心よりお見舞い申し上げます。

こちらでも台風の被害の様子を伝えるニュースがありました。日本は地震、台風、津波と驚くほどの災害が立て続けにある国とみられています。
イタリアも色々な災害があります。その度に国の救援がきちんとされているかが問われますがなかなか思うようには行かないようです。

ミラノの大聖堂の広場ではほぼ毎週色々な催し物があります。
これはその中の一つ、


皿5.jpeg
一万枚のお皿が伏せて置かれていました。CEFAという団体が手がけています。

タンザニアではお皿の上に食べ物が充分に載る事がほぼ無い飢餓状態が続いている。これを教育と農業のノウハウを与える事によって改善させようという企画がありました。
5ユーロ(約650円)の寄付で広場のお皿一枚をひっくり返す事ができ、そのお金は現地の若者の教科書や、野菜の種に替えられて底辺から持続可能な援助をしようというものです。

これはミラノだけでなく、他の都市でも行われているようです。
お金を出したり、食べ物を届けたりするのではなく、基本的な所を援助し、自分たちで行きて行く力をつけてもらう事を目的としているのです。

支援として良く見かけるのはアフリカで無農薬の食品を作ってもらってイタリアで売り、それには税金をかけないで、売り上げは全て生産者へ、というもの。
お茶やシリアル、お菓子、そば粉のパスタなど、美味しくて安全な物が売られています。そういう形の支援は同等な助け合いに近いので嬉しいです。
ただお金をばらまくだけでは持続可能な支援とは言えません。世界が上下関係のない世界になるように祈るばかりです。

***

ところで我が家では先日、庭にある枯れた大木3本と2本のモミの木を切り倒してもらうために庭師に見積もりを出してもらいました。
そのままでもあと10年は倒れないよ、と言われたのですが、その木の近くに住む人がいつ倒れて来るか心配だから切ってくれと言いに来たのです。
11月末に切りに来てもらうことになりました(ほっ)。

この小さな山、さて何でしょう?


ヒルガオの根1.jpeg
ヒルガオの根です。
私の庭はまだまだ菜園を作るにはあの厄介なヒルガオがはびこり、その根と戦っているのです。

このような山がいくつもあります。干して縮ませては捨てる、を繰り返しています。土の量より根の方が多いのではないかと思う場所もあるほど。

雨があがった翌日は上手に根が掘れます。いったいいつまで続くのやら。気の長い話しです。
酢をかけて弱らせるという方法も試しました。これで効き目があったのかどうか、、、、全然分かりません。
来年の春が楽しみです。

***

話は変わりますが、救助犬として活躍している水難救助犬テラノーバの集まりがミラノの大聖堂でありました。大変な数で歩いていたのです。

沢山居たのに、吠えた声がしませんでした。賢い犬なんですね。
中には歳を重ねて歩けないわんちゃんも何匹か居ました。それでも手押し車に乗って参加です。泳ぎが上手で、性格も温厚だそうです。
色は黒ばかりではなく茶色もいたし、白と茶色のまだらも居ました。

人間と深いつながりを持つ動物の中で犬はやっぱり特別な存在なんでしょうね。
飼い主さんの愛情たっぷりなのが見ていて分かりました


テラノーバ33.jpg

テラノーバ2.jpeg




投稿者:上山さん  カテゴリー:
2019年10月29日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.