窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

新しい年を迎えて



あけましておめでとうございます。
2020年もどうぞよろしくお願います。


デンマークの新年は星空満杯に咲く花火とともに明けました。
宵闇がおちても、それほど寒くならず、年明けを祝う花火を打ち上げるのにちょうどよい天気だったのです。暖冬の年末で雨が続いていたけれど、大晦日には空を覆っていた厚い雲が切れて青空が広がったのです。強く吹いていた風も止んで、穏やかな日になりました。

デンマークの年越しでは、テレビに映し出されたコペンハーゲンの市庁舎の塔の時計の長針と短針が12を指して重なって、聞き慣れた時鐘が奏でられるのに合わせて、冷やしておいたシャンパンのコルクを抜きます。シャンパンで乾杯し、祭事に欠かさないマジパン(アーモンドと砂糖を混ぜて挽いたもの)の焼き菓子'kransekage(クランセカーケ)'を食べて新年を祝います。


そして、大晦日の晩を共にした家族や友達との乾杯を終えたら、シャンパンとグラスを携えてお隣さんへ挨拶に行ったり、遠くの家族や知人に電話をしたり。

この瞬間を待ち遠しくしていた花火好きの輩は、乾杯もそこそこに街路に出て打ち上げの準備。

我が家では、漆黒の空の四方八方に開く御近所の花火を、温かい室内から窓越しに観賞しました。


元旦は祭日でも、二日から仕事が始まり、休暇ののんびり気分は瞬く間に消えて日常へ戻りました。
クリスマス休暇前の冬至から2週間を経て、少しだけ日の出が早くなり、日の入りが遅くなって、明るい時間が延びているのがわかります。光が戻ってきたと思うと、心の中で小さな希望が膨らみます。


雲に包まれて
IMG_0319雲に包まれて.JPG

しかも朝も夕方も、昼間さえ!電燈が必要な雨の日が、年越しで続いているので、急に風が吹いて雲が散って、晴れたなら、寒くても太陽の光の明るさに感激です。暖かくて冬になる前に春になってしまいそうだけれど、デンマーク人は「きっと寒さが来るよ」と言います。本当にそのとおり、北から冷たい空気が押し寄せてきたら、一晩で冬景色に変化します。夜間凍結の翌朝には池も湖も水たまりも氷が張って、「一晩で、これほど氷が張るのだ」と感心したほどでしたが、たった1日だけでした。

「また雨ですね」と挨拶したら、「デンマークの雨は好きです」とスリランカ人の知人の返事でした。スリランカの雨に比べたら、デンマークの雨は穏やかで静かだからそうです。

穏やかな雨に
IMG_0318穏やかな雨に.JPG

冬のデンマークでは特に海上で風が強く吹く日が多く、風力による発電量が増加します。
風が穏やかな夏には風力発電の電力供給量が少なく、国内の発電だけでは不足の場合には、スウェーデンから電力を輸入しています。
スウェーデンの電力は水力発電の他に原子力発電があり、原子力発電を拒否しているデンマークとしては、国内の電力不足を補うために、原子力発電による電力を輸入しなければならないことが、頭痛のもとのようなものでした。
ところが近年は太陽電池の性能が向上して、曇りの日が多くて日照時間が少ないデンマークでも効率よく太陽光発電ができるようになり、個人宅や事業所での建物の屋根に設置する補助的な電力用の発電が増えたほか、休耕地や空き地を利用しての大規模な太陽光発電も始まっています。
こちらの方は、電力会社の電力網に結ばれていて、一般的に消費される電力として供給されています。

2020年は、オーストラリアの大規模な森林火災やアメリカとイランの緊張関係など、深刻な問題から始まり、将来が悲観的に暗く思われましたが、デンマークではこれらの大きなニュースの合間に挟まれて、「2019年は国内の電力消費量の50%以上が風力と太陽光発電で供給された」という、小さな明るい報道がありました。
1990年代には、デンマークでは太陽光発電は不可能と考えられていたのですが、希望の灯火は大切にはぐくむものですね。

明るい光を待つエランチス
IMG_0323明るい光を待つエランチス.JPG

冬が来る前に、初春の花が咲きました。

IMG_0322初春の花が.JPG




投稿者:福田さん  カテゴリー:
2020年1月14日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.