窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

陽光満ちて



青空の高いところに太陽が輝き、緑いっぱいの初夏を迎えました。冷たい4月、雨続きの5月で、夏が来るのか心配だったけれど、急に晴れて気温上昇、デンマークはまぶしい光に満ちています。雨に春の花が散ったけれど、キラキラの陽光に誘われて、夏の花がつぼみを開き始めました。マロニエやサンザシや黄藤は満開、バラやアジサイはもうそろそろ。並木の菩提樹の小さな丸いつぼみも大きくふくらんでいます。


IMG_0598夏の花.JPG

本当に久しぶりに快晴の週末は、どこへ行ってもサイクリスト!そろったウェアで颯爽と走るサイクリングクラブのトレーニング、あるいは友達同士やカップルも。普段着で普通の自転車で走る家族連れはゆっくりと。天候の変わりやすい北欧では、晴天の週末の「次回」は期待できなから、我が家もひと走り。並木や垣根が緑の葉の模様の影を落とす自転車道を北へ。そして海岸沿いの通りに出ると、公共の海水浴の浜へタオルを持って向かう人たち、水着の上にタオルを掛けて浜から帰宅する人たち、浮き輪を持った家族まで。気温は20℃とはいえ、まだ水は冷たいだろうに、もう泳いじゃうの?


IMG_0601「もう泳いじゃうの?」.JPG

晴天のすがすがしい空気に浸っていると、毎日の悩みや問題は空の高いところへ消え去って、全ては為すようになるのだと心持ちが前向きに変わります。夏の色とりどりの美しい風景にはCOVID-19の陰はなく、現実とは異なる別世界のようです。


IMG_0607色とりどりに.JPG

デンマークのデザイン事務所で環境に優しいデザインの実務を体験するために、コペンハーゲンの空港へ降り立ったのは、青空の広がる6月の朝でした。梅雨の日本を出発して、南回りで到着したデンマークの空気は爽やかに感じたのですが、地元の人たちは「雨が多くて空気が湿っている」と話してくれました。

その後も雨降りが続いて、ニットの離せない涼しい夏になりました。冷夏の街を自転車で走りながら、「ヨーロッパと日本」、「デンマークと日本」の相違を体験し、喜んだり悲しんだり。言語や食や習慣の違いなど、歴史的地理的な違いによる文化や思想や風習の相違に毎日出会い一喜一憂しても、けれども海辺へ出て、雲の浮かぶ空は大陸を越えて日本まで続いているのだ、海の水は大海を経て日本まで流れているのだ、夜空を見上げては日本で見ている星や月と同じなのだと思うと、遠く離れた日本が近くに感じられました。そして、どの国で暮らしていても、私たちはひとりの人であり、デンマーク人も日本人も人間として相違より類似が多いことを知りました。

その後、グローバリゼーションに拍車がかかると、言葉や習慣を越えて人々の価値観が似てくると、日常生活での違いは感じられなくなってきました。COVID-19感染の抑制対策についても、1年半前にはそれぞれの国の政策や経済によって様々でしたが、試行錯誤を経た現在は、すべての国が多くの人の命を救うための努力を続けています。

人口約560万人の小さな国であるから可能な機動力と安定した経済力を活かして、デンマークはCOVID-19による緊急事態を大きな損失なく乗り越えることができました。


IMG_0606緑と青空.JPG

夏の到来とともに、感染者数が減少の傾向を見せ始め、今後の検査の徹底とワクチン接種の普及によって、感染の収束が見込めるようになったため、とうとう6月14日から、ほとんどの公共の屋内空間で、マスク使用義務が解除になりました。手洗いや消毒、人との間隔などは続けながらも、平常な毎日が戻りつつあります。肩の力が抜けて、ほっと一息。





投稿者:福田さん  カテゴリー:
2021年6月14日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.