窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

サクランボの季節です

朝市がいちだんと賑やかな季節になりました。

ふだんは店を出さない近在農家の人たちもやってきて、ジャガイモ、タマネギ、トマト、ズッキーニ、キュウリ、ササゲ豆、と、夏の野菜を並べています

いまが盛りのサクランボだけを売りにくる人も何人もいま

わたしのアパートの下の通りにも、毎年、サクランボおじさんがやってます。

ころころころ、と、サクランボが軽い音を立ててバケツの中を転がるのが下から聞こえてくると、わたしはカゴを持って階段を駆けります。すぐに売り切れてしまうのです。

 

100715-1.jpg

「摘みたて、新鮮、サクランボ」などと言いながら、年代物の鉄製台秤で 500g、1kg と量り売りするおじさんに、この通りに住む常連が「どう、今年は?」と声をかけます。


「そうだねえ、5月も 6月も寒くて、雨も多かったからねえ ---- 雨にあたると皮がはじけ、そこからかびていってしまいます ---- 、でも、まあまあだよ」と、おじさんは正直です

そういえば、ちょっと甘みが足りないかな、今年のサクラボ。
でも、太陽のあたたかみを宿した「いま、ここの」の味は、わたしを十分に幸せにしてくます。
通りすがりの買い物客や観光客も足を止め、ひと粒つまんで味見しては、頷いて買ってす。

 20 km ほど離れた村に住むおじさんの庭に、サクランボの木 20 本。
今日は甘いアメリカンチェリーですが、明るい赤の、甘酸っぱいうもあります。
あと2週間つづく、のたのしみです。

  
こちらは、丘の上にある学校の玄関先の売店。これも年代物の木製農作業用引き車にコットン・クロスをかけて、「当校名産品」を販売中です


店番の少年ふたりは中学 2 年生。写真、撮らせてね、と頼むと、照れちゃって、笑いませ

  

100715-2.jpg

カブやタマネギなどの季節の野菜(もう売り切れてしまい、あまり見えませんが)、花、ジャム、りんごジュース、蜜蝋のろうそくとたいまつ...どれも、この学校の小学1 年から 高校 3 年までの生徒が農業の時間に育て、手工芸の時間に手づくりしたもの。

ラベルには「自由ヴァルドルフ学校(日本ではシュタイナー学校として知られていますね)の園庭から」と印刷されています瓶詰めのパスタ用ソースもありす。

春先に学校近くのブナの森でギョウジャニンニクの若葉を摘み、刻んで松の実といっしょにオリーブオイルに漬けたもの。シャキッと元気になる

 この学校の教育理念はルドルフ・シュタイナーという思想家が 20 世紀初頭につくったものですが、彼の農業の考え方もまた、ドイツのオーガニック農法の基本のひとつになています。だから、ここで売られているものは安心しておいしく食べられものばかり。

幼稚園や低学年の子供を迎えに来た父母や近所の人たちがこの店の得意さんです。わたしも丘の上に用があるとず立ち寄ります。

売り上げは、生徒の修学旅行や測量合宿などの費用に充てられます。


投稿者:森さん  カテゴリー:
2010年7月15日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.