窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

森が薄緑色に染まって。

IMGP0893.jpgデンマークも太陽の光がまぶしい青空の晴天の日が続いています。
気温が15℃を越えると、風景が緑色に塗りかわってきました。公園や庭園、住宅の庭では、桜の花が満開です。今年は若葉の前に花が満開になって、うっすらピンク色の美しい桜らしい樹木の姿です。
北欧の遅い春は復活祭のころに、若葉と春の色とりどりの花がいちどきに開いて、明るい華やかな雰囲気がイエス・キリストの復活の御祝いにぴったりに感じられます。

IMGP0886.jpg  
デンマークはプロテスタントの国で、教会に人々が集まるのは御葬式と結婚式の他はクリスマスだけ。
ところが復活祭には「聖木曜日」から「復活の月曜日」まで連休になるので、多くの人が家族を訪問し合ったり、旅行に出かけたりして過ごします。
今年の連休に私は、イタリア北部の山の中へスキーに行ってきました。
上山さんのお住まいのミラノから遠くないところです。
 
コペンハーゲンを出た朝は樹木の新芽は膨らんだままで肌寒いくらいでしたが、午後にドイツとの国境を越えると、豊かな緑と白や黄色の花の咲く春の風景があって、温かい空気を感じました。
翌朝にアルブスに到着。そびえる山々は雪に包まれていて谷間の川辺には氷が張っています。
スイスからトンネルを抜けてイタリアの谷間の街へ入ると両手に連なる山々は真っ白。
 
標高3000mを越す山々から流れ出る川沿いにある谷間の街Livignoの標高は1800m。
川の両側に広がる牧場は、まだ雪に覆われたまま。大西洋から大きく広がる高気圧がヨーロッパ中に緑をもたらしているというのに、谷間ではようやく春の兆しが現われたばかり。
大地の大きさと自然の不思議な力を感じずにはいられませんでした。
 
川の両側にそそり立つような山々の斜面にスキー場が整備されていて、谷間の宿泊施設からリフト乗り場へは街を循環するバスを利用します。
バス停で待っているとデンマークと同じ黄色のバスが停まりました。内装もデンマークの乗り合いバスと全く同じで、それもそのはず、デンマークのバスと同じSCANIA社製のバスです。

IMGP0890.jpg  
ところでデンマークの街を走る乗り合いバスは、数年前から天然ガス車へ代わっています。天然ガス車では排気ガスに煤が含まれていないので、大気汚染や人々の健康への影響が少ないだけでなく、街が黒くなりません。
また低騒音設計で、しかも高齢者や児童、車椅子や乳母車の乗り降りが容易になるように停車時には乗降扉が開くと車体が傾くようになっています。
 
Livignoではスキー靴を履いたままで、またスキーとストックを持って乗降するので、車体が傾いて乗降口の床が低くなることが、コペンハーゲンの街でバスを利用するときよりもうれしく思いました。
 
山の斜面の高いところにあるスキー場では、まだまだ雪が厚く残っていて、天気予報では夜間の気温は氷点下。
早朝には建物の屋根やクルマの窓ガラスが霜で白く見えています。それでも、太陽の光は春そのもので、外出には日焼け止めクリームとサングラスが必要です。
テレビのニュースでは、気温が20℃を越えたイタリア各都市の夏の装いを伝えていました。滞在中は好天に恵まれて、山の麓では積もった雪がどんどん消えて緑の牧草地へ変わっていく、春の雪解けの季節を体験しました。
デンマークへ戻る日には、とうとう家畜が放牧されて、スキー客とは入れ替えにTシャツとショートパンツのサイクリング客の姿がちらほら。

IMGP0878Livigno.jpg  
一週間前に来た道を戻ってトンネルを抜けると、谷間の氷はすっかり溶けてなくなって、雪解け水で満々の川の流れです。
樹木には緑色の若葉が小さく開き始めて、スイスのアルプスにも春の訪れです。
 
コペンハーゲンに戻ってくると、風景が緑色に染まっていました。
一週間前の冷たい朝が、もうずいぶん前のことのように思えるくらいに、季節がすっかり移っています。
 
旅行の間に留守番をしていた私たちのハチさんたちは、一生懸命に働いていたらしく、六角形のハニカムがたくさんできています。
北欧のデンマークにも生き物が大きく育つ季節が、また変わらずに巡ってきました。
  


投稿者:福田さん  カテゴリー:
2011年4月28日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.