窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

イタリアの夏休み

森さんの住んでいらっしゃる街は学生の街なんですね。
私が昔、フライブルグに遊びに行った時に見た学生たちのライフスタイル、あれは独特なものがありました。
その時、勉強なんて軽くみていた私は、もし、時間が巻き戻せるならばそこで学生生活を送ってみたいと思ったほどです。
学生が勉強をするんです。それは当たり前なんでしょうが、日本の学生と勉強に向かう姿勢が違うんです。
 
イタリアはさて、どうかというと、勉強に対して、意外や意外、とても厳しいんです。

その割には進学塾みたいなところは殆ど無く、どうしても必要な場合は家庭教師を雇います。
あるいはボランティアで定年退職した元教師や、大学生が教会の一室にいて、わからないところを手伝うなどしています。これは無料です。
子供たちは自分の手に負えなくなった宿題を抱えてやってくるというわけです。
各々、かなりの量の宿題をもらってくるので遊ぶ時間が無いほどです。
 
夏休みが三ヶ月ぐらいありますが、楽しいことばかりではないようです。辛い夏休みを送っている子供たちもいます。
それは学年末の成績発表などで、進級あるいは進学が未定な子達がいるのです。
公立の学校では結構厳しく、小学校も卒業できない子がいたりします。
追試が8月下旬に控えてるのでそれは大変な勉強をしない限り、パスできません。
だから、追試の子供たちには夏休みはありません。


P1120649.JPG  
こういうのが学校の入り口のガラスの扉などの内側から外に向けて貼り出されてあります。
学生の成績表。進級できる子だけ点数が書かれてます。

 
 
入学試験は無いけれど、学校の授業についていけるかどうかが問題になります。
だから、学校の先生が学校を選択するときに助言をします。
それを無視してレベルの高い学校に入るのは簡単。
でも、一学期と保たない人たちが出てきます。
毎年毎年落とされ続けて、初めにいた人数が三分の一に減ってしまうクラスも有り、そういう場合は他のクラスと合わせたりするのです。

彼らにはアルバイトをするとかの余裕もありません(笑)
 
 
イタリアには入学式、とか卒業式、始業式、朝礼などは一切ありません。
プールも、家庭科の時間も、調理実習も、部活も、掃除当番もありません。
 
これ、日本人には到底理解されないところかと思います。
 
 
学年末も、決まった日の三時間ぐらいの時間帯の好きな時に成績表を親が取りに行っておしまい。
なんとも味気ない最後の日となります。


今年はヴァカンスに出かける人が激減して、五人に一人の割合だそうです。
行かない人達は何をするかというと、家のペンキの塗り替えや模様替え、そういったことに費やすそうです。
休暇にどこかに行くと莫大なお金が出ていくので仕方ないですね。
田舎の親戚の家に遊びにいくのが一番いいということらしいです。
 
それもしない人たちは小旅行、日帰り旅行をしたりします。
 
ミラノから列車で一時間半ぐらいのところにVeronaという街があります。
中世の雰囲気が今も残る街なんですが、あの有名な円形劇場アレーナがあるところ。
ロミオとジュリエットで有名なあのバルコニーがあるところです。
 
 
アレーナでは夏に野外オペラが開かれます。
野外ですから雨が降ったら中止ですが、大変な人気があります。
今は アイーダ ロメオ&ジュリエッタ 椿姫 セビリアの理髪師 ナブッコ などが日替わりであります。 

アレーナはラテン語で砂という意味です。
円形競技場の中心は砂だったからです。
それは ライオン X ライオン、ライオン X 人との戦いの場で流血があるから 血がすぐに下に滲み込むように砂だったんですね。
 

 
イタリアは建国たった150年ですので、少し足を伸ばすと違う文化に触れることができるんです。
 
 
時にはツーリストになった気分で街を歩くのも楽しいものです。
 
verona2201.JPG
ヴェローナの街にあるジュリエット(イタリア語ではジュリエッタです)の像の右胸に触れると恋が叶うそうです^^
 


投稿者:上山さん  カテゴリー:
2011年7月20日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.