窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

緑を飾って


IMGP1044.JPG

毎年12月になると「ホワイト・クリスマス」になる確率を、テレビニュースの天気予報で伝えています。昨年は11月末から雪が降り始めて、デンマーク全国で真っ白なホワイト・クリスマスになりました。暖かくて曇りと小雨の続く今年は、天気予報によると「グリーン・クリスマス」が確実なようです。

デンマークは大西洋の暖流のメキシコ湾岸流の影響で、北欧でありながら雪の少ない冬が普通です。雪がなくても気温が下がって、湖沼や海の水面が凍結する冬になることもありますが、1990年代以降はデンマーク人曰く「きっと温暖化の影響」で、雪や氷のない暖かい冬が多くなりました。

ところがデンマークの冬が暖かいのは、どんよりした雲が上空の低いところを覆っているからで、日中でも薄暗くて、しかも湿度が高く、人々もしかめ面をしています。ですから寒くても晴れたほうが好ましいものです。グレーの低い雲をながめていると、道路を走る自動車の排気ガスを連想してしまいそうです。

 

デンマークでは温暖化促進物質排出量を削減するために様々な制度や規制を設けています。

首都のコペンハーゲンでは、近年市街の走行車両台数が急速に増加し、大気汚染が問題になっています。その解決策として、市街の通行車両に料金支払を課す制度の導入を、数年前から政府とともに検討しています。ヨーロッパでは既にロンドンやストックホルムで実施されていて、中心街の走行車両数が減少し、大気汚染が軽減されたことが知られています。

コペンハーゲンの街は大きくなくてコンパクトなので、自転車による移動が自動車を使うより速くて便利なことは、市民のほとんどが知っていて、中心街は車両進入禁止にしても良いと考えている人々も少なくありません。

現在の論議の的は、周辺自治体の住宅地からコペンハーゲンへ通勤する人々の交通手段を配慮した場合の、通行料金支払いの関門の地点と通行を制限する地域の大きさです。


IMGP1042.JPG

コペンハーゲンの市街から25kmほど離れた郊外の私の住んでいる街では、自転車道の整備が行き届いていて、さらに現在は「自転車の街」づくりを目指しています。

地域にある国営林には自治体によってジョギングをしたり自転車で走れるようにルートを設けられています。ルートにそって走ると、針葉樹の実験林やモミの木の植林区域を見つけたり。

農場では農地と住宅地や高速道路の間に設けている緩衝地帯でモミの木の植林をしているところもあります。そして毎年12月になると形よく育ったモミの木がクリスマスツリーになります。街では広場でクリスマスツリーの販売所が設けられますが、私の住んでいるところのように森に近いところでは、植林場の直売所でクリスマスツリーを買う家族も少なくありません。

植林場ではモミの木を大きさや形を選んで自分たちで切り倒すこともできるので、家族連れの姿も見かけます。


 

IMGP1041.JPG

植林場に入ると、モミの木の間を飛び交う小さな小鳥のさえずりが聞こえてきました。静かな緑の息吹を感じる空間では、街のクリスマス前の喧噪が忘れられます。

「昨年は膝まで雪があって、形の良い木を見つけるのが大変だった」と植林場の係の人が話してくれました。今年は緑の樹木が美しい姿に育っているのが良くわかります。

 

植林と森林の保護は温暖化を抑制するデンマークの政策のひとつです。数々の施策によって、省エネルギーと環境への配慮しながら楽しく快適な暮らしができると、多くの人々が理解するようになりました。2012年にはまたもう少し緑が増えますように。

 



投稿者:福田さん  カテゴリー:
2011年12月22日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.