窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

猛暑の日本から暑中お見舞い


ごぶさたしております。
日本からの発信です。

今夏は航空券を買う時に、ちょっとした手違いがあり、日本の滞在期間が長くなることとなりました。
日本に来てから2週間以上たってようやく体調が戻って来たところです。
年々、回復に時間がかかるようになるものなんですね(笑)
 
福田さんの北欧ならではの「イチゴとハチミツ」の以外な組み合わせ、真似しようと思っていたのに、イチゴのシーズンはすっかり終わり、来年までのお預けとなりました。
イタリアではイチゴにはレモン汁と砂糖が定番なんです。ところ変われば、ですね。
 
日本は今、酷暑の真っ只中で外に出るのが辛いです。
そんな中、「江戸東京たてもの園」を見学してきました。
場所は小金井公園内にあります。
小さな頃に遊びに行った郷土館のイメージとは随分違い、色々な建物が展示されていました。
 
前回の続きで「お風呂」のお話です(笑)
 
東京にあった昭和時代の銭湯だそうです。
当時実際に使われていた暖簾は可愛らしく、原田治さんのイラストそっくりなモダンなデザインでした。

 
02暖簾
お決まりの富士山、松原。富士山は男湯で、女湯の方には無いんですね。
遠くに見えます。

01富士山
脱衣所にはロッカーなどはなく、脱衣かごを使っていたんですね。
間違えたりはしなかったのかしら。
体重計、赤ちゃん用の体重計、木の桶などもほのぼのとしています。

 
03脱衣所
04昭和銭湯
「入浴者心得」の内容がなんとも「昭和」
昭和27年ということは私が生まれるずっと前のものです。
猛暑が薄れてきたらもう一度ゆっくりと訪れようと思いました。

 
05入浴心得
何しろ、展示がすべて外なので、暑いんです。
熱中症に注意、の放送が流れてました。
 
小金井公園は広域避難区域に指定されていて、なにかあれば避難できる場所としても有名です。
桜の木々が苔むしているのを見て、さすが日本、湿気がすごい、と変なところで感心してしまいました。

06桜の古木
このところ連日、熱中症の話しがニュースに流れます。

こんなに暑いのに何故、日本にはイタリアのような夏期休暇の習慣が無いのかしらと不思議に思います。

勤勉だから、という理由だけでは無いと思います。
最初から「暑いから休む」という考えが無かったのかもしれませんね。








投稿者:上山さん  カテゴリー:
2012年7月30日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.