窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

冬時間を目前にして


森さんはイタリアのじゃがいもを食べそびれてしまったとのこと、実はホッとしています(笑)
イタリアのじゃがいもはあまりおすすめできません。
私はスイスやドイツに行くとじゃがいもを食べたり買ったりします。
北海道のじゃがいもは美味しいでしょ。寒いところのほうがきっと美味しいと思います。
 
イタリアでじゃがいも料理ってあまり有名ではないですね。
やはり、トマト、ナス、ズッキーニかしら?
 
 
もうすぐ夏時間から冬時間に変わります。
今年は10月27日から28日です。一番影響のない土曜と日曜の間で調整です。

これにまつわる失敗談は尽きませんが、冬時間になる場合はそんなに問題はないのです。
一時間針を戻すから、間違って出かけても一時間待てばいいだけなのです。
ところが、春はそうはいきません。定刻通りに行ったところ列車や、飛行機はすでに出発していた、となるのです。
 
 
先日、大切なお客様がいらして、ちょっとストレーザに寄りたいとおっしゃったのでお連れしました。
ミラノから車で1時間半ぐらいのところにあるマッジョーレ湖に浮かぶボロメオ諸島の一つ、イゾラ・ベッラをお望みだったのです。

 
イゾラ・ベッラ 2
あいにくの天気で色もどんよりしていました。

イゾラは島、ベッラは美しいという意味です。
夏しか入場できないのですが、ギリギリで間に合いました。

 
イゾラ・ベッラ 1
 
左右対称にあるはずのオベリスクが足りません。
 
落ちていましたぁ(怖)
 
 
オベリスク 
建物の中は一般公開していて、ボロメオ家のコレクションや、洞窟の部屋等が有名です。
そのコレクションの一つにタペストリーがあります。


 
「タペストリーの間」には面白い動物がモチーフになってるもの、家紋の中にある一角獣がデザインされたものなどが織られていました。
これは蛇?が脱皮しているところでしょうか^^

 
タペストリー
私はその島々を何度か春に訪れていたので、ここの庭には動く宝石のごとく白い孔雀がウロウロしていることを実際に見て知っていました。
尾を広げた時も美しいですが閉じている時もそれはそれは美しいのです。
でも、今回私達がそこで見たものは大きめの鶏みたいな鳥、、、、
 
 
白孔雀 
あれれ? あの美しい白孔雀はどこ?
そう、羽の抜ける時期だったんです。
 
ウロウロしている哀愁ただよう白い鳥は白孔雀だったのです。
 
 
次回失敗しないためにも、いつからこの羽根は抜け始めるのか訊いてきました。
7月からだそうです。
やはり、一番きれいな時期は5月でしょうか。
 
そして、破損した建物の飾りなどは休館中にメンテナンスを行うのでしょうね。

春には綺麗なイゾラ・ベッラにもどることを想像して少し肌寒い島を後にしました。





投稿者:上山さん  カテゴリー:
2012年10月19日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.