窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

うれしい光とたのしい風


3月のデンマークは気温が低く夜間には氷点下の寒い日が続いて、雪と氷の冬景色のまま、夏時間へ替わりました。春も来ていないのに「夏」時間?と首をかしげたりして。

太陽の光は、一日ごとに強くなって温かくなっています。晴れた日の昼間には、空気はまだ少し冷たいけれど、薄手のコートでも大丈夫、サングラスをかけて外出。気温が低いために残っている雪や氷は、まぶしい直射日光を受けて溶けて消えていきます。青空に白い雪と氷が映える風景を見ながら、昔の絵画に描き出された「北欧の春」を思いました。


海辺
広場や庭の芝生、畑、道路には雪がすっかり消えてなくなると、自転車で森を抜けて、坂を越えて、走るのが楽しくなります。陽光を浴びて走っているうちに身体が温まってくると、やって来た春を感じ、日陰には雪が、湖水には氷が残っているのを見ては、去って行った冷たい冬を思い出します。


湖水の氷春の花
地面にも樹木にも緑の芽が、もうすぐ吹きだす予感がしてきた晴れの日の午後、コペンハーゲンに住む日本人の友人の転職先の「風力発電所を造る」会社に、仕事の話を聞くために訪ねました。風力発電所建設は電力会社が政府や自治体と共同で行う公共事業だと考えていたのですが、彼の勤めるEuropean Energy社は私企業でありながら、風力発電や太陽光発電を事業化し、運営しているというのです。発電所建設に適切な土地を調査し、自治体からの許可取得や資金調達、建設や発電の技術的な計画の作成、建設会社や設備提供企業の選択、運営や点検・修理の調達など管理が業務内容です。

デンマーク人のエリック・アナセン氏が企業を設立した2004年から、ドイツやスペイン、イタリア、ブルガリアなど7カ国で43カ所の風力発電所と15カ所の太陽光発電施設を事業化し、建設および発電事業の運営をしています。2008年からは事業が安定した発電施設を地元の自治体や企業等団体への譲渡売却を始め、持続可能性を目指す再生可能エネルギーの供給ととともに地域経済にも有益な事業展開を図っています。

"CO2の排出が少なく、エネルギー効率の高い、そして化石燃料に依存しない社会を創ることに貢献する" European Energy社はデンマークの企業でありながら、現在ロラン島で建設中の風力発電所がデンマーク初の事業になりました。このロラン島の事業とユトランド半島のビルン郊外の事業が、将来的には電力会社のコペンハーゲン・エナジーに引き渡されることになっています。また、スウェーデンやポーランドでも風力発電事業を進行中です。

デンマーク各地で成功した環境関連事業や再生可能エネルギーの事業と同じように、European Energy社は地域に利益がもたらせる事業を計画するために「地域に根ざした人々の情報ネットワークと地元の知識を有効に活用」することを業務の方針にしています。そこで、デンマークの本社には各国出身のスタッフが勤務しています。


西嶋裕さん
それでは日本人の西嶋裕さんの仕事は?というと、日本での再生可能エネルギー事業の開拓です。2月には日本で自治体やNPO団体と意見を交換して、日本での事業可能性を実感したらしい西嶋さん。法令や習慣、既成概念や地元独特な問題等、日本でデンマークの企業が再生可能エネルギーの事業を始めるには、多くの挑戦が待っています。設備が建設後、発電事業が継続し、利潤が地域にもたらされるようになった成功例では、人々の再生可能エネルギーへの関心と事業への協力はもとより、事業と地元の未来にかける現地の人々の夢と希望がありました。まずは地域の人々の理解が必要です。今後の期待を尋ねると「今年中にひとつ事業が決まれば」と。そしてそれは「太陽光発電の事業でしょうね」。

西嶋さんの話をうかがった会議室の大きな窓の外には、春の午後の陽射しが輝いています。もうそろそろ仕事を終えて帰宅の時刻、社長のエリック・アナセン氏が会議室のドアの前を通りかかったので御挨拶。大きな事業を成し遂げた経験による自信と前向きな姿勢が印象的です。


リスの巣箱
European Energy社のあるオフィスビルの外に出ると、夕方だというのに太陽はまだ高く、夏時間に替わったことを実感。青い空を見上げたときに松の樹に掛けられ たリスの巣箱を見つけました。そろそろリス達がクルルルルルと鳴きながら追いかけっこして大きな木の幹をグルグル回る季節。

デンマークへも遅い春が来ました。



European EnergyEuropean Energy Solar Parks Garbantex and O'cana, Spain, and Wind Park Eichow, Germany
写真:European Energy社









投稿者:福田さん  カテゴリー:
2013年4月22日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.