窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

太陽を感じる季節に


家具、照明機器の世界最大規模の見本市サローネが終わりました。
今期もとても多くの人が訪れました。
建築家フクサスのデザインした会場の入口付近の写真です。


P1040506
P1040539
会場内の展示例、こんな巨大な部屋がある人はいるのかしら?

そして、子供部屋の提案


P1040559
そして、この所話題沸騰なのが会場の外での展示会。
それをフオーリ・サローネと呼んでいて街のあちこちで開催され、気軽に誰でも入って楽しむことができます。
全てを周ることは出来ないけれど、フオーリ・サローネ専用マップとにらめっこしながら、お目当てのところをチェックしてウロウロします。
 

パナソニック747
15世紀の建物のミラノ大学構内でもいろいろな展示会があり、パナソニックの未来都市を考える街(ミニチュア)がありました。
未来型ソーラーパネルの提案です。これも昨年に引き続き重要な展示物の一つでした。ソーラーパネルを設置することで街の景観が変わっていく、ということは、建築家たちの仕事でもある、ということで、街作りを全体から見ることも必要と考えているのです。
 

5月に入っても天気がとても不安定です。家の中は寒いから着込んで出かけるとその間に刺さるような日差しがあったり忙しい天気です。
新緑の時期はどこの国でも旅行のシーズンです。一番綺麗に見えるからかもしれませんね。
日本のゴールデンウィーク程ではないですが、イタリア人もちょっとした連休があると観光地に行くんですね。
当たり前かもしれませんが、例えばVenezia(ベニス)やRomaはイタリア人にとっても憧れの観光地の一つです。
そんな人混みの中、行って来ました。

Veneziaへはミラノから車で3時間半ぐらいです。途中、Vicenzaという地を通ります。
そこの街はソーラーパネルが設置されている家が多く、駐車場も木を植えるようにしてソーラーパネルが設置されていました。
その高い設置率に随分と感心をしたのですが、地元の人達は少しだけ首をかしげているようです。自治体の補助があるので多くの人達が設置したのですが、
曇ってることが多く、思ったほどの効果が得られなかったというのです。でも、ゼロでは無く、幾らかのエネルギーを確保しているのだから良しとしようと思うことにしたそうです。
 

P1040950
さて、ヴェネツィアにつくと大変な人、人、人 わかってはいたけれど驚きました。
その日だけは天候にも恵まれ真夏の暑さでした。ゴンドラに乗っても渋滞という初めての体験をしました(笑)
渋滞している中、向かってくる緑色のボートは清掃船です。
そう、ここは全て船が頼りです。
 

P1040959
P1040914

まわりが水の生活、それはいろいろなことが大変です。
昔は下水が無かったわけですから全て垂れ流し状態。そして、生活用水は雨水を溜めてそれを組み上げて使っていたのです。
水との戦いですね。今は本土から水道もあるし、下水も75%は完備され、残りは浄化槽とほんのすこしの垂れ流し、という状態だそうです。
不便極まりないのですが、それがヴェネツィアです。
 
ヴェネツィア本島では風が吹いて物が吹き飛ばされると直ぐに海に落ちてしまうんです。これはもう、清掃船にお願いするしかありません。水の中に落ちてしまったものをかき集める作業も考えただけでゾッとしませんか?
そんな苦労も考えず、ゴンドラに乗って気分をタイムスリップさせてしまえばこっちのもの。想像の世界へまっしぐらです。

サン・ジョルジョ・ディ・グレーチ教会の鐘楼は1500年代後期に教会が出来る前から傾いてしまったそうです。そのままにしておいたのが不思議。


P1040901



投稿者:上山さん  カテゴリー:
2013年5月13日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.