窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

季節の巡り


夏休みもあと2週間ほど、の南ドイツです。
文房具屋さんの店先にはこんな紙製の三角錐のものが並んでいます。


IMG_7734
新入学児への贈りものづくりのためのキットです。
この大きな紙製コーンカップの表面に絵を描いたり、切り紙を貼ったりの飾り付けをして、中
にチョコレートやグミなどのお菓子、りんご、文房具をとりどりに詰めます。
19世紀初頭に始まり広がった風習だそうですが、ドイツやオーストリアのピッカピカのこども
たちは、これを胸に抱えて(かなりの大きさです)、初登校します。
一生に一度の甘~い贈りもの、うれしいでしょうね、誇らしいでしょうね。


豪雨で川が氾濫したり、ピンポン玉やゴルフボールほどもある大きな雹が降ったり、不安定な
天候がつづいた夏でしたが、この2週間ほどは落ち着いて、こんな具合です。

といっても、よくわかりませんね。
午後の通りでチェスに興ずるおじさんふたり、左の人はTシャツ1枚、右の人はウィンドパー
カを着込んで首に大きなスカーフを巻いています。
昼は左の人のように、朝晩は右の人のように、といったところでしょうか。


IMG_9188
実りの秋を前に、地元の農業組合が今年の収穫具合を発表しています。
小麦や大麦など穀物は水準以上の出来だが、ナタネやトウモロコシ、野菜や果物は気候の影響
を受けている、飼料用作物が不足気味、と。
そういえば、先週食べたトウモロコシ、ちょっと水っぽかったような。


友だちと行ったり来たりが多い夏でした。
手土産は、決まってジャガイモ。花より団子になりました。
うちの近所に、店の名がなぜか「じゃがいも屋」という刃物と園芸用品の専門店があります。
片隅のジャガイモ・コーナーには、近隣の有機農法農家から仕入れた30~40種ほどが並んで
います。


IMG_7791
この中から何気なく買ってみた早生りのマラベルという品種のもの、食べてみたらすばらしく
おいしかったんですね。 
こんなにおいしいの、初めてよ、食べてみて!とある人に持って行ったら、後で電話がかかっ
て来て、絶賛しきり。で、他の人のところに行くときも、つい、じゃがいも屋さんに寄って、
となってしまったのです。
ハトロン紙の袋に好きなだけ入れると、品種の特性やレシピなどが書かれたカードをぱちんと
付けてくれる、それもお気に入りなのです。
皮付きのまま茹でて、オリーブオイルと塩だけで、もうそのまんまの味を食べています。

じゃがいも屋さんの店主の話では、いま世界中で栽培されているジャガイモには4500ほどの
品種があり、ドイツで栽培されているのはそのうちの210種ぐらいだとか。
あと3週間もすれば、遅生りのホクホクものが出てきます。


でも、ジャガイモを持って行くわけにはいかない家もあります。
近くの村で代々農業を営んできた家にいまも住む友人のところです。
牛や豚を飼わなくなってもう何年にもなりますが、母屋と大きな納屋や家畜小屋、蒸留酒づ
くり(これを趣味にしているおじさんたち、いまも多いんですよ)の作業小屋に囲まれた、
昔ながらの農家の中庭で、久しぶりに会う家族のみんなとのんびり過ごしました。

クルミやサクランボの木も大きくなっていましたが、里帰り中の娘や息子もすっかり大人に
なって、フライブルクやブリュッセルでの仕事や暮らしぶりををいろいろと聞かせてくれま
した。
帰りには、若い男たちが村の共同パン焼き小屋で焼いた大きな塊のパン、92歳になったお母
さんがいまも世話をしている鶏の卵をいくつも持たせられます。


IMG_7751
元は納屋だったものを友人夫婦がほとんどセルフ・リノヴェーションで住まいにした別棟で
す。ここにはわたしたち母娘の思い出もたくさんつまっています。
屋内にはリフォームの手がまたさまざまに入っていて、外壁に這わせたブドウの実も大きく
なっていて、すっかり里帰り気分の午後でした。


IMG_7761



投稿者:森さん  カテゴリー:
2013年9月 4日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.