窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

お客さまをお迎えする前に


このところミラノは天候がとても不安定で、いつもなら暑くてぐったりするところ、羽毛布団をかけてぐっすり眠る日が続いてます。
夏の暑さは苦手なので助かっています。それも北イタリアだけで、南に移動するとやはりとっても暑くていつも通りの夏なんです。
南の方で穫れるスイカがおいしく育つので嬉しい限りです。
今年はスイカ専用冷蔵庫のスイッチを入れたので、毎日スイカを堪能しています。去年間違って注文した大きな冷蔵庫、返品が出来ず、新品なのに半額以下にしても誰も買い取ってくれないと言う辛い思いをしたのですが、開き直って使うことにしました。それはもう、夏季限定、スイカ限定です。(ドアポケットにはビールと白ワイン)

ミラノの街の中心にある美しいアーケード、ヴィットーリオ・エマヌエーレII世のガッレリーア(1878年)の洗浄が中盤に入りました。
来年のミラノ万博に向けて色々洗ったり修復したりととても忙しそうです。大きなイベントが無いと何もしないので、良いきっかけになっているんでしょう。
私の家もお客さまをお迎えする時はきれいにしますから(笑)同じですね。
 
汚れの質はだんだん変わってきています。
昔は鳩の糞や公害でした。今、鳩はほとんど中に入れないようになっているし、公害、重油を焚いて使う古いセントラルヒーティングの規制、排ガス規制などがあるのでこれから先はあまり汚れないのではと楽観視しています。
 

G40683
向かって左側はまだ洗い終えていません。右側は洗い上げたばかり。
洗わない方がカッコイイと言う人はとても多いのですが、定期的に洗っておかないとすぐに汚れます。
中央奥に見える物は足場なんです。どんどん移動していきます。
 

G40694
そして、中央の8角形の部分にある4大陸の絵も、洗った物、アメリカ大陸の図(右)と洗ってない物、アフリカ大陸の図(左)でこんなに違います。
全部きれいになったら、きっとどこかのテーマパークと見間違えるようなことになるかもしれませんね。

 

修復中
万博とか大きなイベントはあまり賛成しかねていたのですが、色々なところで副産物的なものがあるものなんですね。




投稿者:上山さん  カテゴリー:
2014年7月30日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.