窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

初雪


 
雪の森
暖かい秋で、気温が10℃ほどの日が続いていて、冬が来るのを忘れそうでした。富士山は冠雪ですね。森さんの美しい写真を見て、素晴らしい日本の自然に、あらためて感動しました。デンマークは11月にはいってから街の広場に大きなモミの木が立って、商店街にハートや星や小さな電球の飾りがついて、クリスマスを待つ準備が整いました。ところが、クリスマス会やクリスマスマーケットを楽しみにしていた週末に、急に気温が氷点下まで降下して、初雪になりました。暖かい空気にスウェーデンからの冷たい空気が流れ込んだのだそうで、風も強く吹雪になりました。

 
クリスマスマーケット
コペンハーゲン周辺で11月に雪が降るのは珍しく、しかも暖かい日が続いていたので、人々は冬を迎える準備ができていません。自家用車も冬用の凍結した道路を走るためのタイヤにまだ換えていないのに、10cm以上もの降雪では公道を走れません。週末の楽しい練習や活動を中止にしたクラブも。慌てて、厚いコートや耐寒用ブーツを取り出して雪かきです。

 
吹雪の後
吹雪の夜には早めに帰宅して、温かい室内でのんびり。テレビのニュース番組では、パリのテロ事件の犯人の追跡捜査やブリュッセルでの警戒態勢、マリのテロの事故の被害など、世界の深刻な様相を伝えています。クリスマスの飾りで華やいでいるコペンハーゲンの街でも、警官の姿が目立ちます。既に街中の駅と空港では、爆発の疑いがあるとして人々の避難と建物の閉鎖がありました。
 
たくさんのデンマーク人がパリの人々とテロ事件の被害者と家族に同情して、フランス大使館の玄関前に花束やメッセージを置いて、ろうそくを灯しています。事件の起きた翌日正午には、全国で一分間の黙祷が捧げられました。事件の起きた夜には、デンマークでもサッカーのフランスとドイツの親善試合をテレビ観戦し、試合終了直後には特報としてパリから中継される映像を見ていた人々がたくさんいました。
 
IMGP1798雪の風景.JPG
ニュース番組を見終えてから、興味をひくような番組が見つからず、なんともなしにイタリアのセリエAの試合を眺めていました。半袖でプレイをしている選手がいます。サッカー場の芝生の緑も活き活きと映し出されていて、上山さんの住んでいるイタリアはまだ暖かいのだと思いました。博覧会の「生命の木」には感動しました。天と地に伸びていくような姿はエレガントで、しかもたくましく、そして美しく命の素晴らしさを表現しているように思えたのです。
 
11月末の日曜日は第1アドベント。家族の集まるクリスマスを楽しみに待つ4週間が始まります。

 
クリスマスの装い 


投稿者:福田さん  カテゴリー:
2015年11月25日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.