窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

初春は心もあらたに


 
氷面に映る陽光
氷面に映る陽光
 
デンマークの新年は静かに始まりました。大晦日のパーティで夜更かしをしたデンマーク人の元旦は朝寝坊。新しい年を新たな心持ちで始める姿勢はあっても、日本とは違うなと毎年思います。年が明けたというのに、昨日の次に1月1日という今日が来て、過ぎた年の日常が今年も続いていくだけのような。日本の御正月が懐かしいものです。
 
デンマークの2016年は冬の景色から始まりました。クリスマスから大晦日までは夜間凍結はあっても暖かかったのに、年が明けたらシベリアの「冬の王様」が勢力を強めて、急に気温が下がりました。昼間も氷点下の日が続いて、池も沼も湖も、またたくまにすっかり氷が張りました。海辺では風が強く吹き付けて、岸で波頭が凍りました。そしてTVニュースの天気予報では、各地から素晴らしい自然が作った氷の芸術の写真が紹介されました。
 
なだらかな起伏のある緑地と池
 
日本の御正月の澄んだ青空を思い出すような良い天気になったので、帽子と手袋とマフラーと温かい服を着込んで自転車でお出かけ。美しい風景がながめられる緑地の自転車専用道路を通ると、高齢の女性が二人楽しそうに二本のストックを使って歩く「ノルディック・ウォーキング」をしていました。さすがに寒くないようにダウンのコートを着ています。自転車専用道路と遊歩道の交差する場所では、乗馬をする人に出会いました。国の自然森林管理局の指定する緑地や森の遊歩道は、散歩をしたり、自転車に乗ったり、乗馬をしたり、それぞれ地元の人々が自然とふれあう場所として利用されています。
 

ノルディック・ウォーキングの御婦人
ノルディック・ウォーキングの御婦人

緑の遊歩道で乗馬
緑の遊歩道で乗馬

 
この緑地は、氷河が溶けた水が削りだしたのだという、なだらかな起伏のある大地で、凹みには水がたまって池になっています。そのうちのひとつは大人も子供も気軽に魚釣りを楽しめる池になっています。地域の人々に好評で、夏には多くの釣り人が訪れる場所です。けれども今日は水面が凍っているので、釣りはできませんね。
 
魚釣りの池
魚釣りの池
 
東京でも寒くなって雪も降りました。雪が降った日の翌日は気温が低かったので、晴れても雪が残って「まるでデンマークみたい」だと実家の近所で自転車に乗りながら思っていました。風も強くて、デンマークで自転車に乗っているみたいでした。けれどもデンマークとは異なって、自治体の歩道や自転車道の雪かきや凍結防止の処置が無いのは残念。滑って転ばないように気をつけて、いつもよりは慎重に走行しました。今回は急用のために帰国しましたが、私が東京に到着した日から冬型の気圧配置になって、デンマークへ戻る日まで寒波が日本列島を覆っているという予報です。北欧やシベリアの寒気と一緒の帰国になりました。
 
ところで山のないデンマークでは、海風が東西に吹き抜けて、冬の東からの強く冷たい風は特別です。風が強いと空気の体感温度がさらに低いのだそうです。例えば、気温は氷点下5℃でも、強風があると身体には氷点下20℃ほどに感じるのだそうです。こうした凍って冷たい日でも、晴れて青空が広がると、とても心地よいもの。北欧の人々誰もが太陽の光の恩恵を感謝するのは、寒い季節には良くわかります。
 
北欧の冬の寒さは厳しいけれども、その寒さと冷たさは地域の自然を維持するためには必要です。今は寒いので忘れてしまいましたが、2015年は地球上の気温が観測史上最高でした。その影響で春の花が早咲きだと予測されています。そして今年もまた暑い夏になるだろうという予想です。デンマークへは既に南欧の昆虫や鳥類がドイツを経て、やって来ています。さらにデンマークの在来種の数が少なくなっているのは気候が変化したために、生息が難しくなったからだと言われています。私たち人間の活動は様々なかたちで天然資源を利用することで成り立っています。もしも北欧の自然が変わってしまったら、文化や伝統だけでなく、家具などの北欧の代表的な産業の維持が難しくなるのではないでしょうか。
 
日本列島は南北に長く、山あり川あり多様な国土は、豊かな自然に恵まれています。樹木に覆われた緑の山の美しい姿を毎日ながめながら暮らしていると、そこで小さな生態系の変化が起きているとは誰もが想像することはないでしょう。わたしたちの自然と文化と暮らしの将来のために、自分の身近なところで可能なことから活動したいと思います。

 
デンマークの水鳥
デンマークの水鳥
 
日本へ押し寄せている寒波は、わたしが東京を発つ日に、勢力が弱まるのだそうです。そしてもうすぐ、立春ですね。きっとデンマークはまだ寒いのでしょう。
 






投稿者:福田さん  カテゴリー:
2016年2月 2日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.