窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

雨上がり


今朝は早くから良く晴れています。南から暖かい空気がデンマークに流れ込んで、すがすがしい北欧の夏らしくなりました。背の高い樹木は太陽の光を受けて、緑の葉ひとつひとつが輝いているように見えます。青空にはツバメが旋回し、そしてどこからともなくカモメの甲高い鳴き声が響きます。水の上ではカモやオオバン、カイツブリの家族がスイレンの葉の間をのんびり行ったり来たり。
 
実はもう1ヶ月以上も雨の多い不安定な天候が続いていました。夏休みも天気が悪いので、太陽を求めて国外へ旅行に出ている家族が多いようです。住宅地は静かで、通りで出会う人も少なく、ショッピングセンターには週末でも買い物客が集まっていません。この夏はもう暑くならないのだろうかと悲観的になっていましたが、雷をともなう集中豪雨の晩が明けると、心地よく晴れて、青空にいくつもの白い大きな入道雲が浮かんでいます。
 
雨上がりに
雨上がりに
 
雨上がりに森を散歩すると、たくさんのチョウが野の花の間を舞うように飛んでいました。なかには見慣れない種類も。南からの暖かい空気に乗って、デンマークにたどり着いたチョウかもしれません。我家のミツバチたちも蜜を集めに元気よく飛んでいます。デンマークでは毎年5月に様々な種類の草木が一斉に花を咲かせて、6月中旬から7月末までは花の小休止期間です。7月に開花する菩提樹も今年は既に花が終わってしまって、ミツバチの家族の偵察部隊は花探しに大忙し。養蜂家は「ミツバチにとって夏は終わり」と言います。いつのまにか水辺には秋の風情をかもしだす蒲の穂が。そして紅に染まり始めた葉も。まだ太陽は力強く輝いているのに。

 
いつのまにか蒲の穂
いつのまにか蒲の穂

自然の季節は移りつつ
自然の季節は移りつつ

自然は本当に秋を迎える準備を着々と進めているのです。4月下旬に美しく満開に咲いた桜の木には数えきれないほどのサクランボが成っています。5月に可憐な白い花を付けた庭のリンゴの枝にはたくさんの実が大きく育っています。そして、6月初めにミツバチが蜜を集めに飛び交ったラズベリーの白い小さな花は実になり赤く色づき始めています。他にも、ナシやプラムなどの果実、ヘーゼルナッツやクルミなどのナッツ類、そして、イチゴなどのベリー類が、デンマークの住宅の庭で育てられているのは全く一般的です。


赤い実がたくさん
もう赤い実がたくさん
 
デンマーク自然保護協会は全国エコロジー実践者会と共同で、昨年から「有毒物質不使用の庭」実践の普及事業を行っています。庭園だけでなく一般住宅の庭やテラスなど植物を栽培できる場所の所有者に対して、除草剤や殺虫剤あるいは化学肥料など土壌汚染の原因になる有毒物質を使用しない庭の手入れと植物の栽培を勧めることによって、デンマーク人の飲み水である地下水の水質向上を図ることが事業の目的です。一年間で、この事業に賛同し、「有毒物質不使用の庭」を宣言した庭は7091か所に達しています。そして、全国の庭の面積のうち1350平方メートルは有毒物質が不使用であり、デンマーク人一人当たり2平方メートルの有毒物質に汚染されていない土壌を所有する事に相当します。
 
もちろん、自宅の庭で採れる果物やナッツ、ベリー類や野菜を食する人々のほとんどは、化学物質による食物の汚染を避けるために、以前から除草剤や殺虫剤を使わずに手作業で雑草や虫の駆除をしていました。けれども「有毒物質不使用の庭」の提唱が始まってからは、土壌や地下水の汚染を防止する意識が高まり、そして、友人知人へと有毒物質の不使用の輪が広がっているのだそうです。
 

リンゴ
ミツバチが受粉したラズベリーやリンゴの、農薬無使用の味が楽しみです。
 

ラズベリー 




投稿者:福田さん  カテゴリー:
2016年7月13日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.