窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

春はNIPPON

 
やっぱり日本の桜を見たいと思い、ずいぶん前に航空券を買って用意していたのですが、出発の10日ほど前に航空会社から「行きの便がキャンセルになった」という通知がありました。
こういう事が自分に降り掛かるなんて、、、、いったい何故???ストライキのためだったのです。
そうだ、ここはイタリアだった、と再確認した次第です。
いつもの事ですが、国際家具見本市(サローネ)の時期には必ずやるんです。より多くの人にダメージを与える事がストライキをより効果的に行う一つの理由でしょう。
旅程をいくらでも変えることができるとか、ありましたが、前後に動かせない仕事が入っていたので短くするしかありませんでした。

日本に着いたら雨、成田空港に着陸する時に桜の美しさに溜め息やら歓声が聞こえるはずが、何も無し。
空の色と、桜の色は同じに見えました。そんな事もあるんですね。
日本滞在中有はほとんど雨と風、寒い日が続きました。



水道道路桜の実家の近くの桜は雨に打たれながらも美しく咲いていました。
天気も不安定で、寒かったため、満開が長く続いた年ですね。
短い滞在だと欲張って、お寿司、鰻、しゃぶしゃぶ、和食と酒、焼き鳥って続きました。
やっぱり、和食は美味しいですね。身体の隅々の細胞が喜んでいるのを感じました。


草間彌生展が新国立美術館で開催されていました。
あの、水玉のかぼちゃで世界的に有名です。
とても人気の様で長蛇の列でした。幼い頃幻覚に悩まされて絵を描く事で恐怖から逃れられたという心からの叫びを感じる物ばかりでした。
草間彌生さんやその作品について、好き嫌いが沢山あるかと思うけれど、やはり、本物をみると圧倒させられます。食わず嫌いの方も是非、足をお運びください。
ドキドキします。


木の幹まで草間さんのシンボルの水玉でした(笑)
新国立美術館草間
水玉のかぼちゃ
草間弥生かぼちゃ
草間弥生展の

森さんが心配されていたジャパンレールパスは復活しました。
一時は海外に住む日本人には廃止されるとききましたが、復活です。条件の一部が変わったぐらいです。
一度も使った事がありませんでしたが、いつかじっくり日本各地を訪れる時に使いたいと思いました。

イタリアに戻ったら、すっかり春
復活祭も終わり、新緑がキラキラと美しいです。





投稿者:上山さん  カテゴリー:
2017年4月26日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.