窓から見える青い空。この空がいつまでも続くように、いろいろ考えたいエコのこと。というわけで、エコ先進国と言われるドイツ、デンマークにお住まいのおふたりにも参加いただき、エコについてのよしなしごとを楽しく気軽に、でも真剣に語り合います。
今日もエコ日和

上山レイコさんのこと



皆さま、コロナ禍のもとご苦労されながら、お過ごしのことと思います。
デンマークの福田さん、ドイツの森さんもお元気で2021年を迎えられ、何よりです。

昨年11月末にイタリアの上山レイコさんの突然の悲報に接して、茫然としてしまいました。
それにもましてご家族の方の悲しみははかり知れません。ここにご冥福をお祈りいたします。

ブログを読み返してみると、ドイツの森紅さんのお母様の時も突然でしたので、お二人がこのブログの中で、まだ語り掛けてくるような錯覚にとらわれます。

このブログにお誘いしたのは、私です。三か国リレーでスタートしたこのブログも1年たった2011年4月26日に四か国目としてイタリア・ミラノからデビュー。
http://www.ecoglass.jp/new_ecoblog/2011/04/post-56.html
以来、楽しい文章と生活に密着した美しい映像を毎月送ってくださいました。もう少しで10年になる矢先でした。

ご家族にお悔やみをお送りしたところ、ブログに何を書こうかしら、と悩んでいる姿をよく目にしたとご返事に書いてありました。
ミラノならではの生活の中に長い歴史を感じたのは、2012年に日本映画「テルマエ・ロマエ」がミラノで上映された時、日本人とイタリア人の笑いの違いなどをおもしろく伝えていただきました。「無性に日本の銭湯に行ってみたくなりました」という言葉が印象的です。
http://www.ecoglass.jp/new_ecoblog/2012/06/post-118.html

コロナ禍の中でもうすぐ春を迎えますが、上山さんのブログの中で二度登場するのは、日本の桜を懐かしんでいるところです。2016年、2017年に、桜のころに日本に帰ってこられ、桜や花見の世相を描写されています。開花予想と違い八分咲きで離日したこと、残念ながら雨にたたられた桜、浅草で外国人の着物姿に?を感じたこと、などなど、日本を観察し楽しんでいる様子がわかります。
http://www.ecoglass.jp/new_ecoblog/2016/04/post-253.html
http://www.ecoglass.jp/new_ecoblog/2017/04/nippon.html

今年の桜はいつ咲くのでしょうか。そして、どんな形で見ることができるのでしょうか。
改めてご冥福をお祈りいたします。



投稿者:木原さん  カテゴリー:
2021年2月 1日


ページの先頭へ

プロフィール

松本さん

2011年夏から協会に参加。省エネ担当。技術開発出身で戸惑うことが多く、右往左往しています。ミステリー、オーディオとペットとの散歩が趣味。

詳しいプロフィールはこちら

木原さん

元・協会 調査役。現在は、AGCのショールーム「AGC studio」勤務。

詳しいプロフィールはこちら

福田さん

デンマークに1993年より在住。環境に優しくて健康的なライフスタイルを自転車で走りながら実践しています。

詳しいプロフィールはこちら                 

上山さん

ミラノに22年目、古いものと新しい物が混在する面白い町です。日本のみなさまに何かお伝えできることがあれば嬉しいです。

詳しいプロフィールはこちら                 

森さん

南ドイツの小さな大学町テュービンゲンで「競争するより協同で」を教わりながら育つ。暮らしの中や旅路で出会う人たちの人生の多様性に魅了されています。

詳しいプロフィールはこちら

Calendar

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

Category

news

Back number

エコガラス

窓からエコをはじめませんか。熱をしっかり遮断する、省エネのエコガラス。

エコガラス

Copyright © 2006-2010 板硝子協会. All Rights Reserved.